7月18日深夜の「乃木坂工事中」(毎週日曜夜0:00-0:30、テレビ東京系)では、今年上半期に起こったメンバーの反省エピソードを総ざらいし、その時どうすれば良かったのかの解決策をバナナマンが提案。今後の仕事や様々な活動に生かしてもらう「上半期 乃木坂46反省大賞」が行なわれた。

中でも3期生・梅澤美波は以前、齋藤飛鳥が家に泊まった際のエピソードを告白。齋藤が帰ってしまうのが寂しくて「もう帰っちゃうんですか?」と引き留めたところ、「わかったよわかったよ」と齋藤が宿泊をすることになったという。「急遽泊まることになったし、マットレスも来客用のものがあるわけでもなくソファーで寝かせてしまったんですね。私はベッドで。それが申し訳なかったなと思って。どうするのが正解だったのかなって」と、尊敬する先輩をソファに寝かせてしまったことを発表した。

司会の設楽統(バナナマン)がその時の感想を齋藤に聞くと、「『ベッドで寝ますか?一応布団クリーナーかけてあるんで…』って言ってくれたけど、なんか私も1回聞かれただけで『あ、じゃあベッドで』って言うのもなんか違ったし。私も誰のベッドでも寝れるタイプじゃないから」と、梅澤の押しが足りなかったとコメント。

さらに梅澤が「(身体が)バッキバキになっただろうなって思って」と齋藤を気遣い、設楽が「バキバキになった?」と質問すると、齋藤は「はい」と、笑いながら即座に回答した。

設楽から「“ベッドに一緒に寝よう”だったら、飛鳥ちゃんどう思う?」と聞かれると、齋藤は「それはちょっとしんどいですね。泊まりに行くことも呼ぶことも私は無いので。本当に10年ぶりくらいのお泊まりだったんで」と回答。

さらにお泊りの際、「お風呂入って、もうちょっとしゃべったりとかするのかな」と思っていたところ、「梅が(お風呂から)出てきたらすぐになんか『じゃあ寝ますね』みたいな感じでいっちゃったから、あれ?と思って」と、想定していた展開と違ったと語る。

これに梅澤が「結構明け方だったんですよ。一緒に話したりしてたから、もう疲れてるかなって思って。リビングに行ったらストレッチをしてたから」と言い訳していると、齊藤が「いやいやいや違います違います」と割って入り「梅は私がお風呂に入る前から、もうめっちゃ眠そうにしてて。家の主がそんな顔したらダメじゃん!って思って。一回空気変えようと思ってお風呂に入った」と、人を呼んでおきながら眠そうにしていた梅澤を見かねての行動だと真相を明かし、笑いを誘っていた。

次回の「乃木坂工事中」は7月25日(日)深夜0時より、「第3回頭NO王決定戦!」を放送予定。