8月13日(金)公開の映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」より、大沢たかお演じる狸の大妖怪・隠神刑部の登場シーンの映像が解禁された。

1968年からの三部作、2005年には平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画「妖怪大戦争」がスケールアップし、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」としてスクリーンに復活。有名妖怪をはじめ、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わり、妖怪ワールドが拡大していく。

今作では伝説の妖怪ハンターの血を継ぐ少年・ケイ(寺田心)が、古代の化石たちが結集して生まれた妖怪獣の危機から世界を救う姿が描かれる。

このほど解禁となった映像は、狸の大妖怪・隠神刑部(大沢)の登場シーン。炎をまとったバイクにまたがり、808匹の狸を引き連れてケイたちのもとへと参上した隠神刑部。その豪傑っぷりにケイはあぜんとする中、隠神刑部への恋心から思わず頬を赤らめてしまう雪女(大島優子)の姿も収められている。

そして、参上するや否や、日本妖怪たちのリーダーであるぬらりひょん(大森南朋)と真っ向から対立する隠神刑部。さらに、“妖怪獣”を食い止めようとするケイに近づき、不敵な笑みを浮かべながら「余計なことはするな」と忠告。

その迫力にビビるケイに、追い打ちをかけるように「何もしなければ死なずに済む。分かったら返事だ!!」と声を荒げる。ケイは硬直しながらも「は、はい…」と答えざるを得ないという、隠神刑部の圧倒的なスケール感が伝わってくるシーンとなっている。

そんな隠神刑部について、今作のメガホンをとった三池崇史監督は「人間が支配しているように見える地球のその先を見据えて、その視点から人間と対峙している存在。スケールのでかい孤高の野獣、男なので、やっぱり大沢さんが一番ふさわしいと思った」と起用理由を明かしている。
[/YOUTUBE]