波瑠が主演を務めるドラマ「ナイト・ドクター」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第5話が7月19日に放送された。少しずつ殻を破ろうとし始めた深澤(岸優太)が話題を呼んだ一方、美月(波瑠)がピンチに陥りそうなラストには、視聴者からも心配の声が上がった。(以下、ネタバレがあります)

■成瀬(田中圭)の訴訟問題が発覚!

同作の舞台は、試験的に結成された夜間救急専門の医療チーム“ナイト・ドクター”。肉体的にも精神的にも厳しい現場で戦いながら唯一無二の絆を紡いでいく5人の救急医を波瑠、田中圭、岸、北村匠海、岡崎紗絵が、そして5人の指導医を沢村一樹が演じる。

第5話では、インフォームド・コンセントと医療訴訟の問題が取り上げられた。救急医の一人・成瀬(田中)が患者に訴えられていることが発覚。成瀬は、以前手術を担当した子どもの母親・秋山真紀(山本未來)に訴えられていたのだった。

患者や家族が理解しているかを考えない“うわべだけのインフォームド・コンセント”しか行わないと、後になって患者が不安になるのは当然だ、という本郷(沢村)の言葉は、成瀬の胸にも響いた。手術そのものではなく、手術前の真紀への説明不足に思い至り、成瀬はあらためて真紀に謝罪。訴訟は取り下げられた。

■深澤先生(岸優太)の本気!「チャンスをください」

日々、一人一人が気づきを得ながらチームとして成長を続ける「ナイト・ドクター」の面々。ラストでは、救急医療に及び腰で本郷に「おまえはまるでハムスターだな。同じ所をクルクル回ってる」と皮肉られていた深澤が、初めて事故現場への救急出動に志願した。

いつになく真剣な表情で本郷らに「自分も行かせてください。チャンスをください」と願い出た深澤。美月に「どうしたの?」と問われ、「俺はチキンでもハムスターでもなく、救急医になりたいんだよ」と一言、固い決意をにじませた。

回を追うごとに成長していく深澤の姿は、見る者の共感をかき立てる。視聴者からも「深澤先生の表情が引き締まってきた」「意識がどんどん変わっていくのに驚かされる」「深澤先生なら立派な救急医になれるよ!」といった応援の声が続々。

演じる岸にも「演技がどんどん自然になってる!」「岸くんの優しい人柄が深澤先生にもにじみ出てるなぁ…」の声が上がり、Yahoo!検索ランキングで「深澤先生」がトップ5圏内に浮上したほか、Twitterでは「#ナイトドクター」がトレンド1位となる反響を呼んだ。

だが、ラストは何やら不穏な展開に…。深澤の「どうしてこの時、彼女の異変に気付かなかったんだろう」「あの時、声を掛けていれば…」という後悔のにじむナレーションに続き、美月が事故現場で転落するような映像も。

この後は2週の放送休止を挟み、8月9日(月)に第6話が放送となる。視聴者からは「美月ちゃんが心配すぎて2週も待ちきれない!」「深澤先生ロスになりそう…」の声も上がっている。