V6の三宅健が、8月1日(日)・7日(土)に放送される「東京2020オリンピックみんなでハイライト」(朝7:45‐8:45※7日は朝8:15‐9:15、NHK総合)のメインパーソナリティを務めることが分かった。東京オリンピックでの競技や選手たちの活躍を、障害がある人もない人もみんなで楽しめる「ユニバーサル放送」で伝える。

三宅は得意の手話を生かして、2014年から「みんなの手話」(NHK Eテレ)のナビゲーターを担当。これまでにも2016年のリオデジャネイロパラリンピック、2018年のピョンチャンオリンピックとパラリンピックの際に放送された「ユニバーサル放送」の番組でメインパーソナリティを担当してきた。

スタジオには、バービー(フォーリンラブ)や全盲のバイオリニストである穴澤雄介さん、聴覚に障害があり、アスリートとして活躍している早瀬健太郎さんらが登場。視覚に障害のある方のために、選手の技のすごさや会場の空気感が音声を聞くだけでわかるよう、丁寧なナレーションと細部までこだわった音声解説を実施。タイムラグがない字幕放送と手話でスタジオトークを繰り広げる。