林遣都が主演を務め、2021年7月22日(木)に全国公開となる映画「犬部!」のメーキング映像が公開された。メーキング映像には、共演する犬との信頼関係が垣間見える和やかな時間から、命を扱う覚悟が感じられる緊迫したシーンまで、同作に出演する中川大志のさまざまな表情が収められている。

同作の舞台となるのは、行き場のない犬や猫のために、現役の獣医学生が立ち上げた実在の動物保護サークル“犬部”。「生きているものは全部助ける」と動物たちのために奔走する若き獣医学生たちの奮闘の日々と、成長した彼らの絆や葛藤を描く。林、中川の他に、大原櫻子、浅香航大らが出演する。

■中川大志は心優しくも複雑な事情を抱えた青年を演じる
これまでNHK連続テレビ小説「なつぞら」(2019年)や映画「砕け散るところを見せてあげる」(2021年)などに出演し、現在はドラマ「ボクの殺意が恋をした」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)で主演を務める中川。同作では、林扮(ふん)する熱血主人公・花井颯太の相棒で心優しい同級生・柴崎涼介を演じる。花井と共に“犬部”を設立して、動物たちのためにひたむきに奮闘し、卒業後は動物保護センターの一員となるも、16年後にメンバーが再集結した際には姿を見せないという複雑な事情を抱える役どころだ。

■“ワンちゃんファースト”で撮影に臨む中川大志
これほどまでに動物と共演することは初めてだったという中川大志は、自身が実際に犬を飼っていることもあり「“ワンちゃんファースト”で、なるべくストレスがないように」と撮影を振り返る。また、劇中で相棒となる太郎を演じた犬のきぃとは撮影を経て心を通わせ、メーキング映像には撮影のカメラが回っていないところでも無邪気に戯れている様子が収められている。

■緊張感のある場面が多くても動物たちが支えに
一方で、メーキング映像では撮影前に一人集中する中川の姿も捉えている。動物の体にメスを入れる手術シーンや、動物保護センターで深く思い詰めるシーンといった緊張感が漂うシーンの撮影も多く、また、人知れず苦悩を抱える役を演じる中川はメーキング映像の中で「現場に行ってたくさんのワンちゃんネコちゃんの顔を見ると、本当に癒やされる、それが救いで、疲れていても全部吹っ飛ばされる」と語り、撮影中は動物たちの存在が中川にとって大きな原動力となっていたようだ。

■映画「犬部!」あらすじ
獣医学部に通う花井颯太(林)が、アパートで動物たちの保護活動を続けていたある日、心を閉ざした1匹の実験犬を救ったことから、同級生・柴崎涼介(中川)と共に動物保護活動を行うサークル「犬部」を設立。サークルの仲間と青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かい羽ばたいていった。それから16年後、獣医師となった颯太が逮捕されたという報道を受けて、かつての仲間が集結。しかし、そこに柴崎は現れなかった。