三浦貴大が主演を、剛力彩芽がヒロインを務める「彼女のウラ世界」(毎週月曜夜0:25-0:55、フジテレビ※第6話は夜2:00-2:30)の第6話(AKIKO SIDE)が7月26日(月)に放送となる。同作は、男性の目線の「TOSHIRO SIDE」、女性の目線の「AKIKO SIDE」という男女それぞれの目線で二つのストーリーが描かれる作品となっている。

同作は東京カレンダーwebサイトで連載の小説をドラマ化したもの。制作会社でドラマのディレクターをしている西村敏郎(三浦貴大)が、3年付き合った彼女・明子(剛力彩芽)にプロポーズをするが、翌日彼女は婚約指輪を置いて姿を消す。消えた彼女の真実とともに彼女の足跡を追う男の本性が明らかになっていく物語が描かれる。

敏郎の同僚として働くTV局プロデューサー・山手香澄を西田尚美、チーフ助監督・川口由人をゆうたろう、脚本家・小宮大介を杉山ひこひこが演じる。ほか、明子の母親・西東咲子を藤田朋子が演じている。

■注目の第6話
明子(剛力彩芽)が寝室でキャリーバッグに急いで荷物を詰めていると敏郎(三浦貴大)が帰宅してくるが、荷造りをしていることに気付かれないよう、いつも通りに対応する。

これからリモート会議があると言う敏郎は、いつになく上機嫌で、明子のぎこちない笑顔と動揺には気付かず、リビングで会議を始める。隣の部屋では、明子が昨日敏郎にプロポーズされてもらった小さな箱を手に取り、中に入っているキラキラと輝く指輪を見つめている。

――という物語が描かれる。

第5話の終わりには、明子のSNSに「ゆびわわすれてるよー、さてぼくはだれかなー」といった敏郎らしき人物からコメントが送られてきて、明子が驚く様子が流れた。また、香澄が明子の元へ訪れ、「何しでかすか予想できない状態なんです」と明子に話す様子など、第6話から始まる「AKIKO SIDE」のさまざまなシーンが映し出されている。

「彼女のウラ世界」第6話(AKIKO SIDE)は7月26日(月)、夜2:00よりフジテレビで放送。