千鳥の大悟とノブがMCを務めるレギュラー番組「チャンスの時間」(毎週水曜夜11:00-0:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の7月21日の放送回では、男性が意外と知らない“女性の本音”を歌にして暴露する企画「女性の本音ラブソング!」を開催する。

第7回目となる今回は、前回3度目の優勝を飾った元AKB48の大島麻衣をはじめ、AKB48の大家志津香、元恵比寿マスカッツの栗山夢衣、グラビアアイドルの森咲智美が初参戦し、スタジオゲストのAMEMIYAを特別審査員に迎え、審査員長の大悟とともに“もっとも心に響いた曲”は誰の曲なのか、審査する。

■千鳥、AMEMIYA、絶賛

さっそく今回の挑戦者たちがスタジオに登場すると、千鳥とAMEMIYAは、その個性的な顔ぶれに早くも期待をふくらませる。

なかでも、以前、やっかいな相手を上手にかわすことができるかを検証する企画「第2の須田亜香里を探せ!神対応スルースキルオーディション!」で、すばらしい対応を見せた大家に注目したノブは、「大家ちゃんって、AKB48、現役じゃなかった?」「(本音ソングを)歌って、大丈夫?」と心配するが、当の大家は「けっこう大丈夫で、私のファンの人は、何言っても許してくれると思います」と笑顔で答える。その大家に、大悟は「今、芸能界で、AKB48がいちばんなんでもするよな」とコメントし、一同の笑いを誘う。

また、大家の先輩でもある大島は「しーちゃんも、けっこうお酒の場で見たことありますので」「期待の新人です」との推薦に、ノブから「じゃあ、(大家さんは)シャンパンも飲んでらっしゃる方なんですか?」と聞かれると、「ええ、ガブガブ」と即答し、さらにスタジオを盛り上げる。

それに加え、“セルフ亀甲縛りアイドル”として活動する栗山や、SNS400万人フォロワー超えの森咲など、強者たちの、“衝撃の本音”が次々と飛び出し、千鳥とAMEMIYAは絶賛が止まらない。次なる“本音クイーン”は、いったい誰になるのか、独特な視点で千鳥を爆笑させる、AMEMIYAの審査も見ることができる。

■ここで発掘した“クズ”、出だしたよな

終盤では、ノブが、番組内で生み出した“キラーフレーズ”の正しい使い方を学ぶ、番組発のカードゲーム企画「カードバトル SOREJA!」を行う。2回目となる今回は、大悟、相席スタートの山添寛、銀シャリの橋本直の3人が、プレイヤーとして参加する。

「カードバトル SOREJA!」では、ノブの“キラーフレーズ”が書かれたカードを5枚ずつ持った3人が、トーク中に、適切なタイミングでカード出していき、出された“キラーフレーズ”が正しい使い方をされているか、ノブが、“SOREJA!”か“なっとらん!”の2択で判定し、先にすべての手札を無くした人が勝利となる。

本企画2度目の参戦となる山添が、「僕、この番組『SOREJA!』以外だと、クズか、エロか、下品かでしか出てないじゃないですか。なのに、なぜか仕事増えてきたんですけど」と困惑気味に語ると、「今、千鳥さんの『オモロい』っていうひと言って、“Mステ”ぐらい影響力ありますよ」と豪語する。それに対し、ノブは「ないわ!」と否定する一方、大悟は、「でも、ここで発掘した“クズ”、みんな出だしたよな」とうなずく。

そして、スタジオゲストにモデルで女優の石田ニコルを迎え、さっそくゲームがスタートする。5枚のカードを手にしたプレイヤーたちは、おたがいに探りあいを始めていく。