4人組ボーイズグループ・OWV(オウブ)が7月28日(水)に4thシングル「Get Away」をリリースする。

今作は“夏の一日”をコンセプトに、M-1には夏の“真昼間”に聴きたくなるサマーソング「Get Away」、M-2は“夕暮れ”を感じさせるミッドバラード「twilight」、M-3にはロービートが冴えわたる“熱帯夜”がモチーフのダンス曲「Bling Bling」が収録される。

WEBザテレビジョンでは、メンバーの本田康祐、中川勝就、浦野秀太、佐野文哉にインタビューを実施。新曲のポイントや、結成1年を迎えた彼らにファンへの思いなどを聞いた。

■ことしの夏にピッタリな曲になるんじゃないかな

――新曲「Get Away」は、今までの作品とだいぶイメージが違いますね。ちょっと驚きだったのですが、皆さんは?

本田、中川:(同時に)えっと…。

中川:僕が先に言いますね(笑)。清涼感がのあるトラック、コロナ禍でも「この夏をどう楽しもうか」というポジティブなリリックを聴いて、「ことしの夏にピッタリな曲になるんじゃないかな?」って思いました。

――本田さん、言いかけていたことを。

本田:いや、全くカツ(中川)の言う通りで。OWVってこれまでインパクトが強い曲やカッコいい系の曲が多かったので、「Get Away」のような“夏曲”でイメージの幅が広げられたらいいなということも思いました。

――これだけサウンドが変わると、歌い方も変わりますよね。

浦野:そうですね。「Get Away」では、テンポのノリを大事に歌っています。でもノリを消さずに歌うと早くなってしまうので、流れとビートを忘れないようにして。

中川:R&Bっぽさを残しつつ、でもテンポ良く…ってそれ、僕が昨日言ったやつや(笑)!

浦野:バラすなよ〜(笑)。サビが難しいです。軽くなりやすくて。

中川:あっ、僕もそれ思った。

浦野:軽くなり過ぎると幼くなってしまうから。そこは深みを出すように。


――振り付けは、どんな感じですか?

佐野:曲調からフリーかと思いきや、最後までしっかり振り付けが作られています。でも今までみたいに、全員でバチッとそろえて構成で見せるというより、ちょっと力を抜いて気楽な感じ。ライブでのパフォーマンスは、皆さんも一緒に楽しめるんじゃないかな?

■“クレイジー”は満場一致で…!

――サビに「Wild crazy sexy cool」という歌詞がありますが、この4つの単語を4人それぞれに当てはめて欲しいんですけど…。

中川:振り分けますか! おもしろそう!

本田:全部俺になっちゃうな〜。どうしよう(笑)。

――じゃあ本田さんからいきましょう!

本田:もう、アレしかないんじゃない?

中川:え〜、アレで大丈夫かな?

本田:もしかしてキュート?

中川:それはないです(笑)。今2択で迷ってるんですよね。

――「せーの」でいきましょう。せーの!

中川、佐野、浦野:ワイルド!

中川:危なかった! クレイジーかとも思ったのよ。

本田:違うわ! クレイジーはヤツしかいないよ(笑)。僕はワイルドでしょ。キャッチフレーズもワイルドマイルドなので、はい。

――次はクレイジーいきましょうか。

本田:これはすぐ言えるでしょう。せーの!

本田、中川、佐野:浦野!

浦野:満場一致かい! まぁ、僕はセクシーではない。

中川:ワイルドでもセクシーでもクールでもない(笑)。

佐野:これからは、「クレイジーイエロー(浦野のメンバーカラー=イエロー)」でいいじゃん!

浦野:いつもはっちゃけてるし、テンションは高い方なので、いい意味のクレイジーと受け取っておきます。

本田:これはもう一瞬で分かりましたね。他も全部分かりますよ。


――セクシーは?

本田、浦野、佐野:中川!

中川:僕なのか。(佐野)文哉だと思った。ありがとうございます。

――そうするとクールは…。

本田:文哉ですね。メンバーカラーの青にも表れているけれど。

中川:そうか。クールって「イケメン」っていう意味もあるから、僕はそっちで考えてたわ(笑)。

本田:それで文哉がセクシーで、クール=イケメンが自分だと思ったのか(笑)。いいオチ作ってくれたわー(笑)。

――オチましたね(笑)。カップリングについても伺います。「twilight」の佐野さんの歌声、いつもと違いますよね。めちゃめちゃ印象的でした。

佐野:本当ですか? ここまでしっとりした曲というのが初めてで、自分にとっても挑戦でした。だからなんとなく、不安がいつも以上にあったんです。今までは息が多めの歌い方でしたが、メンバーにも相談して、地声で歌ってみたんです。皆さんに「いいよ」って言ってもらえて、チャレンジしてよかった〜。

中川:自分が思ってる声と人が聞いている声って、違うじゃないですか。文哉はそこに困惑していたんですけれど、何回聴いてもめちゃくちゃいいので、これからもそういう歌い分けをしていくといいんじゃない? 

佐野:は…、はい(笑)。

――そして「Bling Bling」は、OWVの王道のイメージがある曲ですね。

佐野、本田:そうですね!

中川:僕たちもそう思ってます。

佐野:今回4枚目になって、さらにOWVらしが研ぎ澄まされたかなと思います。

本田:全くその通り。

佐野:荒削りだった力強さが、だんだんクリアになってきた気がします。

中川:セクシーさもあり、大人っぽさもあり。そういうのがだんだん4枚目にして出てきたね。


――さて、シングル「Get Away」はタイプが違う収録3曲で“夏の一日”を描いているそうですが、皆さんの夏の思い出を教えてください!

本田:今パッと思い浮かんだのは、去年の夏。僕たちの冠番組「OWV道」(GYAO!)の撮影をしたこと。4人で小さい車にギューギューに乗ってドライブをして、すごく楽しかったので。

佐野:あれは、楽しかった〜。僕はむちゃくちゃ昔、小学校3〜4年生のころなんですけれど、ガリガリ君アイスが3連続で当たったんです!

中川:えっ、スゴイ!

佐野:当たり過ぎてもう、4本目はいらなかった(笑)。

本田:すごいな〜。ぜいたくな悩み(笑)。

中川:こんなにスゴイ話は、オチで言うべきだったよ(笑)。僕は中学時代、友達と花火をしてたら背中にポトッて何か落ちてきて。めっちゃ動くし「何やろ?」と思って見たら、巨大ムカデで! もー、最悪な思い出です。怖かった。いまだにトラウマ。

浦野:僕、夏の思い出が本当になくて…。夏は家から全然出ないから。唯一あるのがケガの思い出。お父さんとシュノーケリングをして、目の前にいるキレイな魚を触って海から上がったら、手の指がパックリ切れていて。めちゃくちゃ痛かった〜。それで、海の絆創膏を貼りました。

中川:海の絆創膏って何?

浦野:水が入らないようになっている分厚い絆創膏があるのよ。

中川:24年生きてきて、夏の思い出それしかないの?(笑)

浦野:夏は焼けちゃうからあまり外に出ないし、夏休みは毎日勉強してたから。でも小さい頃ハマっていたのは、お風呂に水を入れて、浮き輪とかアヒルと入って夏の気分を味わうってことかな。

■待たせる僕たちも、待っていてくれる方も、耐えた1年

――浦野さん、今年の夏はステキな思い出を作ってくださいね(笑)。さて、OWV結成から1年が経ちましたが、今、どんな思いですか?

本田:「早かった」というより、「あぁ、もう1年経ったんだ」という感じですね。初めてやることばかりで、悩んだこともたくさんあったな…。チャレンジする日々を積み上げた1年…、濃い1年でした。

――悩みって?

本田:OWVとしての生き方について悩むというのではなく、ファンの皆さんに会えない状況だったので、そこも踏まえて楽曲のこと、パフォーマンスのこと、コンセプトのこと…、そういうことをメンバー同士で悩みながら話し合う時間がすごく長かったんです。でもそれが自分たちのステップアップの時間にもなったし、勉強の時間にもなりました。

――ファンに対する思いはどのように変わりましたか?

佐野:4月11日のライブで、ようやくファンの皆さんにお会いすることができたのですが、そこまではオンラインを通してでしか僕たちのパフォーマンスや言葉を届けられなかったじゃないですか。だから、「本当に待たせてしまいました」ということと、「会えない状況でここまで付いてきてくださって心強いですし、ありがとうございます」というシンプルに感謝の気持ちですね。待たせる僕たちも、待っていてくれる方も、耐えた1年だったと思うので。

――本田さんは、ライブの時に泣いてしまいましたけれど…。

本田:メンバー全員同じだと思うけれど、やっぱり、「やっと会えた」という気持ちが大きかったんですよね…。コロナのせいで鬱憤(うっぷん)やストレスが溜まっていたし、生きづらい世の中だったけれど、自分たちが本当にやりたいことがやれて感動しました。

佐野が言ったように、ずっと待っていてくれたファンの方たちに「ありがたいな」という感情が溢れてきて、グッときちゃって。もちろんまだ直接会えていないファンの皆さんも多いと思うのですが、オンラインで応援してくださっている皆さんにも同じ感謝の気持ちですし、早く会いに行きたいですね。


――大変な1年でしたよね。OWVにとってさまざまなことを積み上げてきた1年ですが、その間に、OWVデビューのきっかけとなった番組「PRODUCE 101 JAPAN」の「SEASON2」が行われました。

中川:みんな、キラキラしてましたよね。当時の自分たちと重なるものもありました。

本田:僕も関連番組に出演させていただきましたが、やっぱり練習生たちを見ていると「頑張らなきゃ!」って必然的に思います。

――本田さんは関連番組で、INIの木村柾哉さんが学校の後輩だという爆弾発言がありましたね(笑)。

本田:実はそうなんです(笑)。みんな言ってないだけで「SEASON2」に出ていた子たちとの関係も結構あるんですよ。同じ夢を持っている人たちは、つながっているんです。

――デビューメンバーに残れなかった練習生には、こうやって頑張っているOWVの存在が希望になると思いますよ。

本田:そうなれるとうれしいな。

――それに、見ている方もOWVの前例があるので、「SEASON1」よりも安心して見ていられたところがあります。

本田:そう思っていただけるのは、うれしいですね。でも僕たち自身は、「PRODUCE 101 JAPAN出身のOWV」と言われるより、あとから「あいつらPRODUCE 101 JAPANに出てたんだ」って言われるようになりたいですね。

――9月にはデビュー1周年を迎えますが、下半期のグループの目標を教えてください。

本田:ツアーをしたいですよね。コロナの影響もあるのでまだ何とも言えないんですけれども、やっぱりツアーをしたいです。

浦野:行けてない地方もたくさんあるので! 早くみんなに会いたい!

取材・文=坂本ゆかり