和太鼓エンターテインメント集団「DRUM TAO」が7月20日に東京都内で、東京ロングラン公演「MANGEKYO PROJECT 2021 新作『W-1(ダブリュワン)』」の記者発表会を開催。ゲストとして西川貴教が登場した。

同公演は世界26カ国500都市での公演で観客動員数800万人の実績を誇る「DRUM TAO」による新作公演で、2017年度より前身となる「万華響」としてスタート。2020年度のファイナル公演までに750公演にも及ぶ開催実績が国内外で話題を呼んだ上質なジャパンエンターテインメントだ。7⽉22⽇から8⽉9⽇(⽉)まで東京・新宿LUMINE0(ルミネゼロ)にて全32公演を上演する。

また、全公演終了後からはアーカイブ配信が予定されており、国内のみならず海外の人も映像を通して公演を体感することができる。

発表会では、「DRUM TAO」が「W-1公演スペシャルメドレー」をパフォーマンスした他、西川と「DRUM TAO」が「Judgement」をコラボしたスペシャルステージを披露。さらに、「DRUM TAO」岸野央明、麓大輔と西川によるトークセッションも実施された。

スペシャルステージ後のトークセッションでは、西川が「別の音楽番組でご一緒させていただく機会があって、そこでも迫力のパフォーマンスをされていたので、今日が来るのが非常に楽しみで! 短い間だったのですが、できればもっとたくさんいろんなことをできたらと感じさせていただきました」とコラボした感想を告白。さらに、「(DRUM TAOは)いろんな方とコラボレーションされていたんですけど、僕の方が合うんじゃないかなとずっと思っていました(笑)」とコメントして笑いを誘った。

そんな中、岸野が「DRUM TAO」と西川との共通点について「このムキムキの肉体美。僕らも和太鼓で体力を使うので、トレーニングを日々やってるんです」と明かすと、西川は「この(オファーの)話を頂いた時に、たぶんこれ(筋肉)で来てるんだなと思いました(笑)」と漏らして爆笑をさらう一幕も。

最後に、西川は「神社や仏閣に捧げられた神様への祈りみたいなものが今の音楽につながっていっていると思うので、こういった状況の中で元気を届けながら一日でも早く皆さんが安心して暮らせる日を取り戻せるように、ぜひとも頑張っていただきたいと思います!」と、「DRUM TAO」にエールを送った。