Snow Man主演、滝沢秀明氏初監督による映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が、第11回北京国際映画祭(8月14日[土]〜21日[土])のカーニバル・舞台映像部門に出品することが決定した。

「滝沢歌舞伎」は、2006年に「滝沢演舞城」として誕生した作品。ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を、滝沢氏が座長を務めた。2019年には「滝沢歌舞伎ZERO」として演出・滝沢氏、主演・Snow Manで上演、2020年に「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」として映画化された。

2019年に Snow Manが主演した「映画 少年たち」が同映画祭パノラマ部門で上映されたのに続き、今回が2度目の北京となる。

北京映画祭プログラミング・ディレクター林思瑋氏によると、今回の選考にあたっては、「日本の伝統文化を代表する歌舞伎を現代化させ、日本独自のアイドル文化が融合した斬新な芸術表現が、中国の映画ファンにとって日本文化の普及や促進に大きく貢献すると評価して選んだ」と、映画でも舞台でもない新たな幕開けを目指した本作の世界観が高く評価され、出品につながった。

■Snow man・岩本照コメント

この度、「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」が北京国際映画祭に出品されることになりまして、純粋に嬉しい気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
この作品で、究極の和のエンターテイメントを体感していただき、一人でも多くの方
に「滝沢歌舞伎 ZERO」そして、Snow Manを知っていただけたらありがたいです。