ギャル雑誌「egg」(MRA)の専属モデルとして活動するまぁみ(小田愛実)が、「まぁみ1st写真集 Maami」(KADOKAWA)を7月26日(月)に発売する。

7月9日に20歳の誕生日を迎えたばかりのまぁみが、同写真集で10代最後のギャルらしさと、20歳になったばかりの大人っぽさを意識し、海やプールではしゃぐ様子や、赤や黒のランジェリーを着たセクシーな姿などを披露している。

20歳になった今、彼女は何を思うのか。写真集の感想や10代の思い出について話を聞いた。

■20歳の節目に写真集をリリース

――10代最後の姿を収めた写真集がリリースされます。

まさか写真集を出せるとは思っていなかったので、出版できると聞いたときは「やりますやります!」って、そっこうで返事をしました(笑)。しかも、誕生日の月に発売なんですよ。いっつも切ない誕生日を送っていたけど、写真集のおかげで一生の思い出に残る誕生日になるなって。

――良い誕生日になりそうですね。ちなみに、写真集の仕上がりは?

もうっ最高です! 「あれがいい、これがいい」って、ちょーわがままを言ったんですけど、「まぁみちゃんの本だから、まぁみちゃんがやりたいことをやろう」と(担当編集さんが)言ってくれたので、本当にやりたいことしかやりませんでした。

逆にやりたくないことが一つも入っていない写真集ですね。妥協しなかったです。撮影中に何か違うなと思って「この角度のアングルで撮ってほしい」って注文すると、カメラマンさんも「確かにこっちの方がいいね!」って賛成してくれて、楽しい撮影現場でした。

――写真集で、とくにやりたかったことを教えてください。

外国の人形をイメージした写真を撮ってもらいたかったんですよ。それでピンクの水着で撮影したいと思ってダメ元でお願いしたら、まさかのオッケーが出たんです。なので、ピンクの水着の写真はすごく気に入っています。しかも盛れているし!

――10代のギャルらしい写真も収録されているそうですね。

写真集の中や裏表紙にルーズソックス持っているショットがあって、“ちゃんとギャルしている”かなと。最初は私の大好きなネオンカラーっぽいギャルの写真を入れてもらって、中間はエッチで親しみやすいかわいい系のギャル。最後がナチュラルで20歳になったまぁみちゃんって感じで、刺激のある構成にしてもらいました。

写真集を作る前の企画段階では、大人っぽさをメインに押し出していこうと思っていたのが、やっぱりギャルっぽい雰囲気でいこうってなったんです。やっぱギャルは捨てられなかった(笑)。でも、ナチュラルな私も見てほしかったので、20代の大人っぽい私の写真も入れました。子どもと大人が混ざり合っている時期なので、ちょっとエッチな写真集になっているかなって思います。

――ランジェリー姿も掲載されていますね。

黒ビキニの写真をSNSに上げたらすごく褒めてもらえたことがあって、これならランジェリーも黒色がいいんじゃないってことで、黒のランジェリーを着ています。他にもいくつかランジェリーを用意してもらって、これとこれが着たいって選ばせてもらって、私が着たいランジェリーを全部着させてもらったんです。

――20歳になりましたが、どんな10代でしたか?

やりたいことをやるだけって感じですね。10代なんでツインテールを余裕でするけど、20代になると「落ち着いたヘアースタイルの方が似合うんじゃないかな」とか考えるんですよ。10代は何も考えなくてよかったから、それが一番楽しかったかもしれない。若い子って大人っぽく見せたいじゃないですか。でも、子どもは子どもっぽいままがいいんじゃないかなって今は思っています。

――では、どんな20代になりますか?

落ち着きたくはないですけど、20代に合ったギャルをやりたいです!