7月23日、SKE48の荒井優希が東京・新木場1stRINGで開催された東京女子プロレスのシングル最強決定トーナメント「第8回東京プリンセスカップ」に出場。1回戦で愛野ユキと対戦した。

プロレスデビュー5戦目でシングル初勝利を挙げ、勢いに乗ってトーナメントにエントリーした荒井。先輩の愛野相手に初公開のフルネルソンバスターを決めるなど果敢に挑んだが、得意技の“Finally”(かかと落とし)をかわされてしまい、最後は愛野の“愛と炎のフルネルソン”でギブアップ負けを喫した。

■荒井優希 試合後コメント

初めてのトーナメント参加ということで、勝ちたい、1回戦突破したいという気持ちもすごく強かったんですけど、やっぱりユキさんがすごく強くて。初めてこんなにキャリアが離れた先輩とシングルをしたので、先輩の力強さや壁の厚さをすごく感じました。

でもこれからもっと練習したいという気持ちになったので…。今すぐ帰って練習したいと思うぐらい悔しいです。応援してくださった皆さん、会場まで来てくださった皆さんのおかげで少しは粘ることができたと思うので、本当に感謝しています。ありがとうございました。

(新技「フルネルソンバスター」の手応えについて)今まで、ブーツや“Finaly”など蹴り技をメインでやっていたので、ちょっと新しい荒井優希を見せられたんじゃないかなと思います。これから、蹴り技だけでなくいろいろなことを学んで、技がいっぱいできる選手になれたらいいなと思います。

(トーナメントに出場して、今後の課題について)ユキさんと試合をしてみて、力の差はもちろん、技の数などいろいろなところで劣っている、すごく力の差を感じました。基礎はもちろん、自分らしく個性を出しつつ、荒井優希としてもっと強くならないと先輩たちにはなかなか敵わないなと思いました。