埼玉・ところざわサクラタウン内「角川武蔵野ミュージアム」の「エディット アンド アートギャラリー」で、現代日本を代表する歌人・俵万智(たわら・まち)の個展、<俵万智 展 #たったひとつの「いいね」『サラダ記念日』から『未来のサイズ』まで> が7月21日より開催。それに先立ち、7月20日にマスコミ向け内覧会が行われ、俵万智本人があいさつした。

同展覧会は、俵万智の第6歌集「未来のサイズ」(発行:角川文化振興財団)が、短歌界の最高賞・迢空賞(ちょうくうしょう)を受賞したことを受けて開催される企画展。35年の歌業の中から約300首を厳選し、プライベートな手紙や実験的な絵画、膨大な資料などと共に展示。ベストセラー『サラダ記念日』のエリアから、その後の歩みをたどる平成の回廊エリア(4歌集『かぜのてのひら』『チョコレート革命』『プーさんの鼻』『オレがマリオ』の短歌と俵万智の年表を展示したエリア)、最新作『未来のサイズ』のエリアという3つの空間で構成され、俵万智の短歌の世界観を堪能できる初の展覧会となっている。

内覧会でのあいさつ冒頭、俵万智は、自身にとって初となる個展の会場内を見渡し、「普段は歌集の中にいて、この手の中に並んでいる歌たちが、そこを飛び出して会場の中で生き生きと遊んでいる感じを受けました。読者との新しい出会いを心待ちにしているような雰囲気を、歌の作者としてはとてもうれしく思います」と率直な気持ちを明かした。

会見前に見学したという展示会場については「短歌の展示という言葉では言い切れないような、クリエイティブな空間。歩きながらいろいろな短歌と出会えるという空間にすごく面白さを感じました」とさまざまな工夫を凝らした展示方法を絶賛。アートな空間を演出したスタッフに感謝の言葉を述べた。

会場では、俵万智のデビュー当時から最新の歌集まで、厳選された約300首を、昭和、平成、令和と時代が移り変わる軌跡に合わせて展示している。手掛けてきた歌の変化を自身は「社会的な視点を取り入れるようになったことは35年の中で得た大きなものだと思います。それは息子が生まれたことが大きいですね。世の中のニュースで自分に関係ないと思うものが無くなりました。環境のことや教育のことなど、いろいろなことを切実に自分のこととして感じられるようになったのは息子のおかげかなと思います」と振り返った。

また、変わらないものについても言及。「自分にとって短歌とは、日々の暮らしの中でひとつずつ“いいね”と思えることを見つけてきた証。短歌があったからこそ見つけてこられたことなので、その“いいね”を積み重ねる歌の作り方は変わっていないですね」と思いを口にした。

最後に、迢空賞受賞について「名だたる方々の歌集に連なる一冊に、自分のものを選んでいただけたことをすごく光栄に思います。歌集の賞において私も選考委員をしたことがありますが、候補になるものを読むときはとても緊張もするし、特別な時間なんですよね。候補となったときに、そういう時間を選考委員の先生方が持ってくださるだけでも尊いと思いました。その上、評価もしていただけたことに二重のうれしさを感じます」と喜びを語った。

<俵万智 展 #たったひとつのいいね 『サラダ記念日』から『未来のサイズ』まで> は、2021年11月7日(日)までの開催だ。