人気クリエーター・カルマが7月25日、エイベックス本社で記者会見を行い、エイベックス・マネジメント所属として活動していくことを発表した。

2018年からYouTubeに投稿を開始し、約1年でチャンネル登録者数100万人を突破(現在160万人)、動画の総再生回数は2億回を超えているカルマ。

しかし、2020年9月の更新を最後に約1年、動画の更新が止まっていた。さらに、7月12日には投稿動画が非公開に。突然の出来事に、SNS上では失踪説、引退説、死亡説まで流れるなど、Youtube界でも話題となっていた。

そんなカルマが、7月24日に動画を投稿。カルマの遺影が置かれた仏壇から始まった動画は、まず現在のYouTube業界の状況、カルマの復帰を期待するファンの声を伝える。そして、「あなたはひとりで業(カルマ)を背負ってやってきた。でも、これからはひとりじゃない。あなたは新しい時代をつくる。私たちと」というナレーションとともに、カメラはエイベックス本社2階のロビーへ。そこに倒れていたカルマが「起きて」という呼び掛けで目を覚まし、カルマの復帰を匂わせる内容となっていた。

動画は記者会見で重大発表することを予告していたが、この日の会見で「1年間、僕の周りにいろいろあって、良いことも悪いこともあった。エイベックスさんが親身になって支えてくれて、1年間くらい切磋琢磨していろんなことをやる中で熱意も伝わったので、そろそろ“所属してやろうかな”って」と、カルマ節を交えながらも、自らの口で報告。

エイベックスからは「YouTubeの枠にとらわれないキャラクターとビジュアル、クリエーティブがエイベックスと合うと確信している」と評価されているが、カルマは「エイベックスはチンピラ事務所だと思っていた」と笑いを誘いつつ、「頭がいっちゃっているスタッフさんが多いから(笑)。バイブスという意味では合ったので、めちゃめちゃけんかできる、それができるところがいいと思いました。新しい時代を築いていきたい」と、エイベックスへの信頼を感じさせる独特な表現でコメントし、今後への意気込みを語った。

なお、YouTubeの動画は「削除」ではなく現在は「非公開」とのこと。会見では「一日でも早く戻せれば」と語っていたが、この日うちに公開された。