7月27日(火)の「セブンルール」(毎週火曜夜11:00-11:30、フジテレビ系)では、居酒屋「世界の山ちゃん」代表取締役・山本久美さんに密着する。

居酒屋「世界の山ちゃん」は、全国に60店舗以上、台湾やタイなど海外にも展開する人気外食チェーン。「みそカツ」や「どて煮」などの“名古屋めし”を低価格で提供している。

看板メニューで、秘伝のコショウとタレでスパイシーに仕上げた「幻の手羽先」は、コロナ禍でも1日に全店舗合計で2万本売れる日もある人気ぶり。そんな同店を40年前に名古屋で創業したのが、久美さんの夫・重雄さん。

重雄さんは「世界の山ちゃん」の看板のモデルとしても知られ、カリスマ経営者として1代で全国展開を果たしたが、5年前の夏に「大動脈解離」でこの世を去った。突然の事態に家庭も会社も混乱したが、専業主婦だった久美さんが「今は私がやるしかない」と一念発起し、亡き夫の跡を継いで会社の代表に就任した。

子どもの頃からスポーツ好きだった彼女は、中学時代にはバスケットボールに打ち込み、キャプテンとしてチームをまとめ、全国優勝を達成。大学卒業後は小学校の教員としてクラブチームを指導し、結成1年目で全国優勝を果たした。

そんな久美さんが当時、知人の紹介で出会ったのが重雄さん。筋の通った人柄にひかれて結婚し、専業主婦の道を選んだという。しかし、妻として夫を支え、母として3人の子どもを育てる裏方の彼女が突然、会社のトップとして社員・アルバイト合わせて約1000人を率いる立場に。番組では、悔し涙を流したこともあるという彼女を襲った試練、家族や夫が育てた会社への思いを明かす。

また、経営に関してはまったくの素人だった久美さんは、異色の経歴から生まれる手腕で業績を伸ばし、2019年には過去最高となる年商81億円を記録。その背景には、現場の意見を大事にする姿勢、メニューの改良、新たな託児サービスなど、カリスマだった夫とは異なる女性ならではのアイデアがあったことも判明。亡き夫の「挑戦や変化は必要」という言葉を胸に、伝統を守りながらも新たなチャレンジで会社を発展させる「世界の山ちゃん」代表取締役・山本久美の7つのルールに迫る。

■青木崇高と尾崎世界観が驚く「女性の涙のヒミツ」

スタジオでは、山本の「覚悟」と「努力」に賛辞を送る一同。そんな“あゆみを止めない山本久美”に長濱ねるが優しい言葉をこぼす。

また、VTRで山本が見せた涙から、話題は「涙」に。本谷有希子が「最近泣いたマンガ」について語ると、YOUは「女性の涙のヒミツ」を告白し、そのエピソードに青木崇高と尾崎世界観が驚く。