斎藤工主演「漂着者」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第2話が、7月30日(金)に放送される。

同ドラマは、とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まる。偶然この男を発見した女子高校生たちが、軽い気持ちでSNSに動画を投稿したことで、“#イケメン全裸漂着者”というワードがトレンド入りするほど話題となり、男は一躍時の人になってしまうというストーリー。

斎藤が謎の男・ヘミングウェイを演じ、そのヘミングウェイの正体を暴こうと奮闘する新聞記者・新谷詠美を白石麻衣が演じる。他、船越英一郎、リリー・フランキー、戸塚純貴、野間口徹、橋本じゅん、生瀬勝久ら、独特な存在感を放つ名優陣が予測不能な展開が待ち受ける物語を妖しく彩る。

■突然屋上から飛び降りたヘミングウェイ…第2話のあらすじ

突然、病院の屋上から後ろ向きに飛び降りたヘミングウェイ(斎藤工)。身元引受人のローゼン岸本(野間口徹)と出会ったことが衝動的な行動の引き金になったのではないかと考える新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)、実は彼が入院患者で大学教授の後宮徳治郎(越村公一)の死亡事件の犯人で、良心の呵責(かしゃく)に苛まれて自殺を図ったのではないかと疑う刑事の柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)らが突然の出来事に動揺する中、ヘミングウェイは奇跡的に一命を取り留める。


そんな中、新潟県警の捜査本部では、後宮は首をつったことによる窒息死で自殺と断定。しかし、胸の前で腕をクロスし、さらにその上から粘着テープでグルグル巻きにされていたため、柴田は自殺という結論に納得できず、後宮が亡くなる前日の防犯カメラの映像を調べ直す。すると、エレベーター内でヘミングウェイの足元を見た後宮が動揺しながら何かをつぶやいていていたのを見つける。何を言っているのか分からず柴田らが混乱していると、通りかかった詠美が、後宮はロシア語で「着いたのか!?」と言っていると進言する。


一方、エレベーターで出会った後宮の態度が気になったヘミングウェイは担当医・国原栄一(船越英一郎)とともに彼の病室へ向かう。すると、壁一面に謎の図式が書き殴られていた。ヘミングウェイは、制止する国原の言葉に聞く耳を持たず、一心不乱にその図式に何かを書き加え始める。

その頃、県内では再び少女の失踪事件が発生。ヘミングウェイが関わっているのではないかと考えた柴田らは病院に駆け付ける。しかし、彼は迎えにきたローゼンとともに退院し、民間非営利団体(NPO)法人「しあわせの鐘の家」の施設に向かった後だった。


翌日、ヘミングウェイの動画撮影を担当するラぺ(太田奈緒)、ペリ(隅田杏花)、リモ(吉田志織)が施設を訪問。彼女たちから少女失踪事件の話を聞くやいなや、ヘミングウェイはスケッチブックに何かを描き始める。さらに、同じく施設にやってきた柴田らは、公安の刑事たちがヘミングウェイをマークしていることに気付く。

――というストーリーが描かれる。

■視聴者が絶賛する白石麻衣の演技!

第1話放送から大きな反響を呼びトレンド入りを果たした「漂着者」。その公式ホームページの予告動画では、ヘミングウェイが「何も見えないんだ…」と悲しそうな表情を浮かべたり、一心不乱に何かを書く姿、さらに「偶然なんでしょうか?」というせりふとともにヘミングウェイや彼の力に翻ろうされる詠美らの姿などが公開されている。


中でもシーンごとにさまざまな表情を浮かべる白石の演技に「めっちゃ演技うまっ」「演技が自然」「意識しないと白石麻衣だって分かんないくらい!」と称賛する声が多く上がった。

一方、謎に包まれたヘミングウェイに対し、「はよ答え合わせしたい!」「ヘミングウェイは何者?」「謎解きみたいで楽しい〜!!」と考察を楽しむ視聴者が続出している。