7月26日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に広田レオナが出演。肺がん手術後初の密着取材で現在の心境を語る場面があった。

精密検査でがんが見つかり今年6月に手術を受けることを公表した広田。2つある肺の片方の「大きい上の方全部とリンパ9個」を切除したのだという。

「骨が痛かったんで、骨に転移してるっていう感じだったんですよ」「だから、もうアウトだっていう感じだったんですよ、最初は」と、当初は深刻な状態が予想されていたという。

「ずっと欲がね、本当になくて」「いつ死んでも大丈夫っていう風に思ってたの」という広田だったが、「急にあと1カ月くらいかもしれないって言われたときに、“えー!”ってなって。やり残してることたくさんあるって、びっくりしちゃった」と言い、事務所社長として家族として「守らなきゃいけないことまだ守りきれてないや、って」と責任を感じていたことを明かした。

幸いにも骨に転移はしておらず、手術も無事成功に終わった広田だが「体調は…万全です!とは言えないですね」と密着カメラに打ち明けた。

「ちょっとね、姿勢をよくするだけで結構きついです」「だから今でも寝るときは仰向けにしか寝られないし、寝返りもうてないし、うつ伏せもできないし。だから2時間くらいしか寝れないです」と術後の辛さを語った。

密着取材中にも辛そうな様子を見せ、まだまだ「常にヘルプが必要」な状態だと語った広田。そんな彼女を支えたのは、2018年に結婚した22歳年下の夫・ひろむさんの存在だった。

広田は「ひろむがいなかったら何もできない。荷物も持てないし」「本当にありがたいなって」と感謝を語り、「入院してるときにすごく感じましたね」「毎日私とガラス越しでしか、しかもほんの1分くらいしか会えないんですけど、それでも会いに来てくれたり。それもニコニコしてくれて」と、闘病生活中も夫の存在が支えになったことを振り返った。

次回の「人生が変わる1分間の深イイ話」は8月2日(月)夜9時放送。ゲストにはAYA、後藤輝基(フットボールアワー)、酒井美紀、矢吹奈子(HKT48)らが登場する予定。