8月9日(月)よりスタートする門脇麦主演、森山直太朗共演のドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京ほか)のオープニングテーマに、安藤裕子の「ReadyReady」、エンディングテーマに三浦透子の「通過点」が決定した。ともに同ドラマのために書き下ろされた楽曲。楽曲を担当する安藤と三浦、さらに門脇と森山、プロデューサー・本間かなみ氏のコメントが到着した。

同作は、社宅のベランダを舞台に「不倫まで壁1枚」という、隣人同士の危うい関係を描いたビターで切ない大人のラブストーリー。いわゆる“サレ妻”と“サレ夫”が、お互いの傷に寄り添い合う中で、“ベランダの時間”はやがて2人の楽しみになっていく。

門脇がこれまで平凡に生きてきた、自称“可もなく不可もない”主人公・中山麻衣子を、テレビ東京の連続ドラマ初出演となる森山が隣室に住む麻衣子の夫の上司・二葉一を演じる。

■安藤裕子コメント

原作の中の麻衣子さんは夢の中にふわふわと沈んでいる様な印象でしたが、ドラマの中の彼女は二葉さんと出会い、どう浮上していくのだろう?実はお話をいただいて曲を描いては迷ったりを繰り返しておりました。

麻衣子さん、二葉さんが互いの存在により浮上していく模様がこの夏の蒸し暑さの中、より濃く、ちょっと妖しく描けたんじゃないかな?と思っております。ドラマのお供に是非聴いてください。

■三浦透子コメント

言葉にすると消えてなくなってしまうような、繊細で曖昧な“なにか”がとても魅力的な本だと思いました。そのなにかを壊さぬよう、二人の間に吹く風みたいな気持ちで歌いました。

エンディングテーマ「通過点」はYeYeさんに楽曲制作をお願いしたのですが、YeYeさんの自然体で凛としたかっこよさが、うきわの世界観と混ざり合って素敵でぞくぞくする曲が出来上がったと思います。

ドラマの余韻と共に、心地よく音にゆられていただけると嬉しいです。

■門脇麦コメント

疾走感があり物語の展開にドキドキを添えてくれる安藤裕子さんの歌声と、登場人物を包み込んでくれるかのような三浦透子さんの歌声。

ドラマがより一層良い作品になっていく予感しかせず、私自身早く完成したものが見たくてうずうずしています。皆様に楽しんでいただける作品にすべく日々の撮影、頑張ります。

■森山直太朗コメント

何も起こらなさそうで何かが起こると思いきや何事もなかったかのように見えて実は…的な物語の展開にぴったりしっくりの意味深な安藤ワールド。

ドラマの登場人物ひとりひとりの心の逡巡にそっと寄り添ってたまに引き離してくれるメローな三浦透子の世界。どちらも異なる中毒性を帯びていて、ドラマと共に何度も繰り返して堪能してもらいたい作品です。

■プロデューサー・本間かなみ氏コメント

幻想的でどこか毒も感じるオープニングテーマと、登場人物たちの傷や孤独に寄り添い、時に背中を押してくれるエンディングテーマ。

主人公・麻衣子の中に眠る強さや可能性、登場人物たちの矛盾もズルさも見透かして許容するような包容力を感じる、安藤さんと三浦さんの豊かな歌声。

心地よさの中にある胸を打つ希望の輝き、力強さに感動しました。素敵な楽曲に助けて頂きながら、ドラマを見守って頂けるよう頑張ります。