渡辺大知、菊池風磨(Sexy Zone)、アイクぬわら(超新塾)の3人が主演を務めるドラマ「イタイケに恋して」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系※第5話は夜0:09-1:04)の第5話が、7月29日(木)に放送となる。

同作は影山(渡辺)、飯塚(菊池)、マリック(アイク)の不器用でモテないこじらせ男子3人が、「ブル美」のニックネームで活動する恋愛インフルエンサー・佐知(石井杏奈)の助手として恋愛相談の解決に奮闘する物語。

影山の元カノ・結花(石川恋)、謎の恋愛AIシミュレーター六郎さん(升毅)らも交えて、ちょっぴりイタくて、ちょっぴりカワイイ男子たちを見守らずにはいられない“イタきゅん”ラブコメディーが展開される。

第5話では、高校の同級生だったという3人組の女性・清水(山村紅葉)、田崎(千葉雅子)、瀬戸口(石野真子)が研究所にやってくる。彼女たちは、高校時代に埋めたタイムカプセルとそこに入っていた手紙について、影山らに相談をする。

公式サイトで見ることのできる第5話の予告動画や先行カットでは、高校時代の彼女たちの写真を見た影山が「待って待って、めっちゃ可愛くないトゥナイ!?」とテンションが上がる様子や、「なんか守りたくなった…」と清水を抱きしめる影山の姿、さらに、手紙に書かれたイニシャルの“T・S”が誰を指しているのか徹底討論する影山、飯塚、マリックの様子などが公開されている。

■第5話あらすじ

研究所に3人組の女性・清水(山村紅葉)、田崎(千葉雅子)、瀬戸口(石野真子)がやってくる。ただし、彼女たちは依頼人ではなかった。

影山(渡辺大知)がスーパーで買い物をして帰ろうとした時、田崎たちに声をかけられた。彼女たちはお茶ができる場所を探していたのだが、近くに喫茶店はなかった。清水は靴擦れして、あまり歩けないという。

困っている彼女たちを放っておけなくなった影山は、研究所に連れて帰ってきた。その結果、影山は彼女たちのおしゃべりに付き合わされることになる。

彼女たちは高校の同級生で、同窓会から帰るところだった。同窓会では、卒業式の時に埋めたタイムカプセルをみんなで開けることになった。すると、当時書いた手紙や懐かしい写真がたくさん出てきた。その中に、彼女たちの初恋の人・充が書いた手紙も見つかる。

彼の手紙の最後には「俺はT・Sが好きだ。40年後、必ず会おう」と書かれていた。T・Sとは一体誰なのか?充は同窓会を欠席していたため、本人に聞くこともできなかった。

3人とも、イニシャルがT・Sに当てはまる。彼女たちは、自分こそがT・Sだと言って譲らない。言い争う3人を前に、影山は困惑する。

飯塚(菊池風磨)とマリック(アイクぬわら)は影山から、女性3人組との一部始終を聞く。とるに足らない話だと意見が一致する影山、飯塚、マリック。

しかし、彼女たちが忘れていった40年前の写真を見た飯塚は、コロリと態度を変える。18歳の頃の3人は、とてもかわいかったのだ。飯塚は、彼女たちの力になってあげようと言い出す。

翌日、研究所に清水が訪れ、飯塚が応対する。飯塚は清水から、T・Sが自分だという証拠を見せられる。