9月5日(日)よりスタートする「仮面ライダーリバイス」(毎週日曜朝9:00-9:30、テレビ朝日系)の制作発表会見が7月27日(火)にオンラインで行われた。会見には、先日情報解禁された前田拳太郎、木村昴、日向亘、井本彩花、濱尾ノリタカに加え、本日同作品に出演することが発表された浅倉唯、関隼汰、八条院蔵人、映美くらら、戸次重幸が登壇した。また司会進行は宮島咲良が務めた。

仮面ライダー生誕50周年記念作品となる「仮面ライダーリバイス」は、主人公の五十嵐一輝(前田)が内に宿る悪魔・バイス(CV木村)と契約し、悪魔崇拝組織“デッドマンズ”が“バイスタンプ”という不思議なスタンプを利用し、人間の内に潜む悪魔を実体化させた“デッドマン”と呼ばれる怪物の魔の手から大切な家族を守るために戦う姿を描くシリーズ最新作。

■前田はぎこちない笑みを浮かべる

仮面ライダー史上初、テレビ放送に先駆け、単独で映画上映をしている「仮面ライダーリバイス」の主人公・一輝を演じる前田は「仮面ライダーリバイ、五十嵐一輝役を務めさせていただきます前田拳太郎です。よろしくお願いいたします!」とどこかぎこちない笑顔でコメント。
そんな前田に木村らは「今日結構緊張してるんですよ〜」「頑張れお兄ちゃん」「リラックスして」とリラックスさせようとそれぞれ声を掛ける。

初めての生配信に緊張していると明かす前田は「一輝は真面目で自分の正義をしっかりと持った人間です。家族と一緒に守ってきた銭湯のために自分の犠牲も顧みないような強さを持ったキャラクターでもあります。バイスとの掛け合いなどにも注目していただければと思います。これから頑張っていきますので(応援のほど)よろしくお願いします」と自身が演じるキャラクターについて一生懸命に語った。

■木村昴にハプニング発生!

一方、一輝の相棒となるバイスを演じる木村も緊張していた前田につられ、「バイス、そして仮面ライダーバイスを演じさせていただきます」というコメントで甘かみをしてしまうと、「あれ緊張してんのかな?(前田とは)一心同体だから(前田の)緊張が伝わっちゃってます」と木村らしいちゃめっ気を発揮し、会見の雰囲気を和ませた。

また声を担当するバイスについて「とにかく(バイスは)ご機嫌なやつでございます。まだ多くは語れないこともたくさんあるんですけど…」と話しだすと、バイスが木村の邪魔をするというハプニングが発生。

そんなバイスを移動させようとする木村に、井本らは「どうしたんですか?」と心配そうに声を掛けるも、戸次が「木村さん反応したらだめですよ! あれ(バイス)、見えない設定なんですから、リアクションしたら駄目です」と明かしてしまい、一同は爆笑。

木村は「それ(設定)、言っちゃだめなのよ(笑)。あとごめんなさいね…、(バイスに目の前で動かれたら)無視できないでしょ! どうやって無視すんのよ!」と戸次に鋭いツッコミを入れ、「バイスは面白いやつですから、今後の活躍や一輝のコンビネーションに注目してご覧いただけたらうれしいなというふうに思います。皆さんご期待ください」と話した。