中村蒼が7月25日、アメーバオフィシャルブログを更新。佐々木蔵之介が主宰する「Team申 第5回本公演『君子無朋(くんしにともなし)〜中国史上最も孤独な「暴君」雍正帝(ようせいてい)〜』」の東京公演の千穐楽を迎えたことを報告した。

佐々木が主宰し、朗読劇も含め7作品を上演してきた演劇ユニット“Team申”の11年ぶりとなる同公演。ドキュメンタリー番組の中国ロケをきっかけに佐々木が興味を引かれた、清の第五代皇帝で、玉座に座ることなく執務室で毎日20時間働くほど勤勉、最期は過労死との仮説が有力視される埋もれた皇帝“雍正帝”の生涯を描く。

この日、「東京公演千穐楽」と題してブログを更新した中村は「本日 舞台『君子無朋』の東京公演全て終えました」と報告。「無事に予定通りの公演スケジュールを終えられてひとまずホッとしております」と心境を明かし、「劇場に足を運んで下さった方々ありがとうございます!!」と感謝を述べた。

東京公演後は宮城、石川、広島、福岡、長野、新潟、京都でも上演を控える中村は「これから旅公演。様々な土地でこの舞台を公演できる事を本当に嬉しく思います」とつづり、「お近くの方は是非!!スタッフ・キャスト一同劇場でお待ちしております」と呼びかけ、オルクの姿とともに「まだまだオルクと共に生きたいと思います!!」とブログを締めくくった。