お笑いコンテスト「ツギクル芸人グランプリ2021」(昼3:30-5:30、フジテレビ)が9月18日(土)に放送。爆笑問題がMCを務めることが明らかになり、二人からコメントが届いた。

「ツギクル芸人グランプリ」は、漫才・ピン芸・コントなどジャンルを問わず、今後の芸能界を担うであろう“次世代のスター芸人”、すなわち「ツギクル芸人」を発掘するために日本音楽事業者協会とフジテレビがタッグを組んで開催する、年に一度のお笑いコンテスト。今回の開催で2回目となる。

テレビにほぼ出演したことのない若手から中堅実力派まで、約2000組以上の芸人の中から、各芸能プロダクションが「次世代のスター芸人だ!」と社を挙げて厳選した72組の芸人が予選大会に出場。その中から予選大会を勝ち抜き、決勝大会に進出できる芸人は15組という難関コンテストになっている。

予選大会は、7月27日朝6時より「GYAO!」にて、参加芸人72本のネタのVTRを一斉配信。その再生回数が“一般視聴者の審査点”として得点化され、予選審査得点に加点されていく。

「ツギクル芸人グランプリ」が他のお笑い賞レースと大きく違う点は、審査員として民放各局(在京キー局5局)の人気番組を手掛ける“現役売れっ子クリエーター”たちが参加すること。現場で番組制作に携わるプロたちの厳しい目で審査が行われ、「ぜったい売れる!」「明日から使いたい!」という本音が垣間見える賞レースとなっている。そして、出場芸人たちは「大きな仕事が舞い込むかもしれない!」と人生を懸けて挑む。

■爆笑問題のコメント

――今大会のMCを務めるにあたって

田中裕二:いま第7世代が活躍している中で、“次こそは”という人たちを決める大会はいいと思います。お笑いが好きな方たちは新しい芸人さんたちが好きですから。新しい人たちが出てくることでお笑い界全体が盛り上がると思いますので、非常に興味があります。すでに人気のある人たちはもちろん、全く知らない人たちもいるでしょうからとても楽しみです。

太田光:私がやるからにはうちの事務所の芸人が有利になる司会進行を。

田中:そんなあからさまな、ダメでしょ! 逆に不利になる。

太田:我々がやるからには今までとは違う賞レースになると思います。我々と出場芸人、どちらが面白いかの勝負、どっちが笑いを取るか。絶対に負けません!

――民放各局のクリエーターが審査員を務めることについて

田中:昔あった「スター誕生!」じゃないけど、実際に番組出演に結びつくかもしれないところが面白い。芸人さんにとってもいいことだと思います。

太田:我々が番組を取りに行く! 特にフジテレビと日テレを狙っていきたい。

田中:お前のための番組じゃないよ!