映画「岬のマヨイガ」(8月27日[金]公開)の完成披露試写会が7月27日に東京都内で行われ、舞台あいさつに芦田愛菜、大竹しのぶ、粟野咲莉、川面真也監督が登壇した。

同作は、柏葉幸子の同名小説を長編アニメーション映画化したもので、居るべき場所を見失った17歳の少女と声を失った8歳の女の子が、懐かしくて少し不思議な伝説の家「マヨイガ」で織り成す、血のつながらない新しい家族たちとの温かい共同生活を描くノスタルジックファンタジー。

事情により家を出てきた17歳のユイ(声・芦田)と、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより(声・粟野)。居場所を失った2人は、不思議な老婦人・キワさん(声・大竹)と出会い、海を見下ろす岬に建つ不思議な古民家「マヨイガ」に住むことに。2人はキワさんの温もりに触れ、それぞれの傷ついた心は次第に解きほぐされていく、というストーリー。

舞台あいさつでは、芦田が「この映画を見ていただいた方に、『大きな幸せもすてきだけど、日常に転がっているような何気ない小さな幸せもすてきだな』って思っていただけたらうれしいです」とにっこり。

また、大竹は「とっても心が温かくなる映画だと思います。こういう時だからこそ、家族で見ていただきたいと思います」とあいさつした。

一方、川面監督は「この作品は2017年くらいから少しずつ準備をしていて、コロナ禍という状況もあってなかなか現場を作ることもままならないような時間もあったりしました。それでもスタッフがこつこつと積み重ねて出来た作品です。それが今日、皆さんに見てもらえるというところまできて、ほっとしていますし、すごくうれしいです」と万感の思いを語った。

そんな中、バラエティー番組での共演と、同じシーンはなかったものの大河ドラマ「江 〜姫たちの戦国〜」(2011年、NHK総合ほか)で共演したという芦田と大竹が互いの印象を語る一幕も。

大竹が「あの時、愛菜ちゃんいくつだったっけ? メーク室でメークさんやみんなとキャッキャ、キャッキャと笑っていた愛菜ちゃんがこんなに立派になってびっくりしました」と明かすと、芦田は「覚えていてくださってうれしいです!」と笑顔を見せ、「大竹さんはバラエティーとかでお見掛けする時と、お芝居をされている時では雰囲気が全然違ってすごくすてきだなと思っていて、私もそんな女優さんになりたいです。今度はお芝居の現場で、一緒に演技させていただきたいです!」とコメントした。