俳優の結木滉星が、9月18日(土)配信スタートのFODオリジナルドラマ「エロい彼氏が私を魅(まど)わす」に出演する。演じるのは、主人公・仁美(松井愛莉)の婚約者・圭吾。演じる役柄について「本当に魅力的で面白い役をやらせてもらっているなと感じています」とコメントしている。

「エロい彼氏が私を魅わす」は、結婚目前の主人公・仁美(松井愛莉)が、工事現場で偶然出会った青年・まなぶ(笠松将)に惹かれて葛藤していく姿を描く。まなぶの恋人・麻衣(萩原みのり)も加わり、家族や周囲がそれぞれの思惑で翻弄されあって急展開していくさまが見どころだ。

脚本を担当する野島伸司は、「社会的タブー」を真正面から扱った作品を多く手掛けたヒットメーカーとして知られ、「高校教師」「未成年」「聖者の行進」など独自の視点で社会を鋭く切り取ったドラマで、世間に衝撃を与えた。

そんな同作で結木が演じるのは、仁美の婚約相手・圭吾。高収入、高学歴、優しくて見た目もいいという、誰もがうらやむハイスペック男子で、2人は結婚間近。だが、まなぶの登場でその関係が大きく変化していく。

出演決定に結木は「今回の役はとにかくプライドが高くて完璧なエリート証券マンの役です。プライドが高いが故に、突然現れた“まなぶ”という存在や、揺れる仁美の姿に今まで感じたことのない屈辱感を感じたりとこれまで作り上げてきた圭吾という人間に少しずつ変化が生じます」と、演じる役どころを説明。

野島作品へは初出演となるが「どこまで話していいのかわかりませんが、本当に野島さんの描く世界観が面白くてリアルとフィクションの融合に凄く心掴まれると思います。僕個人としても本当に魅力的で面白い役。よろしくお願いします」と、その世界にどっぷりつかっている様子だ。

2020年の日曜劇場「危険なビーナス」(TBS系)ではカギを握る使用人兼執事・君津光を演じ、「2021年活躍しそうな俳優ランキング」で1位に選ばれるなど、注目を集める結木。先日放送を終えたオトナの土ドラ「#コールドゲーム」(フジテレビ系)で演じた偽装家族の息子・大輝役も印象深い。TELASA初のオリジナルドラマ「主夫メゾン」では主演を務めるなど、2021年に入ってからも活躍は続く。そんな結木が野島伸司脚本でどんなキャラクターを演じて見せてくれるのか注目だ。