沖縄のお笑い総合王者を決める「お笑いバイアスロン2021」決勝戦が8月28日(土)に開催されることが決定、ファイナリスト7組が7月21日に発表された。

大会名にある「バイアスロン」とは、スポーツの二種競技をなぞらえていて、同大会もコント・漫才の2つのステージでお笑い総合力を競う大会となっている。9回目の開催となる今大会の総エントリーは71組、準決勝進出者27組のうち決勝に勝ち進んだのは、ありんくりん、大自然、太陽君とそよ風ちゃん、知念だしんいちろう、初恋クロマニヨン、プロパン7、すっとこどっこいの7組になった。

また、準決勝敗退組の中から敗者復活として、大会推薦枠2組、視聴者推薦枠1組の合計3組が大会当日に行われる敗者復活戦へと進出する。決勝戦では準決勝を勝ち抜いたファイナリスト7組と敗者復活戦で勝ち上がった1組の計8組がコント、漫才の順でネタを披露する。8月1日(日)朝7:00から公式サイトにて、敗者復活戦の視聴者推薦枠投票が開始、勝ち進んだ20組のネタ動画が公開され、視聴者からの投票により1組が決定する。視聴者投票は1日1回まで、8月11日(水)夜11:59で締め切りとなる。

8月13日(金) にはネタ順を決める抽選会が公式サイトにて生配信される予定だ。決勝戦審査員は昨年と同じく、高須光聖氏、伊藤正宏氏、内村宏幸氏、中野俊成氏、鮫肌文殊氏、日本のテレビ界をけん引する有名放送作家5人が務める。