「知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021」が7月29日に東京都内で行われ、厚生労働省 健康行政特別参与を務める杉良太郎と肝炎対策特別大使を務める伍代夏子、スペシャルサポーターのEXILE TETSUYA、横山由依(AKB48)、清水宏保、高橋みなみ、インフルエンサーの佐藤三兄弟が登壇した。

「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動。

今回のイベントは、7月28日の「世界(日本)肝炎デー」を含む、7月26日から8月1日(日)の「肝臓週間」に合わせて行っている集中広報啓発活動の一環で、登壇者たちによる肝炎予防の呼び掛けや、サポーターそれぞれの健康促進に向けた取り組みが発表された。

健康促進に向けた取り組みでは、サポーターそれぞれが健康のためにこれから1週間取り組もうと思っていることを「○○週間」として発表。

横山は「私は『野菜週間』です! 地方から野菜を宅配で取り寄せているのですが、ちょうど夏野菜が届いたのでピーマンを使ってホイコーローを作ってみたりしています。やはり季節の野菜を楽しむことによって、健康でいられると思いますので」とにっこり。

一方、高橋は「ちょっと現役の(AKB48)メンバーとの差が著しいんですけど…」と肩をすぼめながら、「『禁酒週間』です(苦笑)。去年からおうち時間が増えまして外でお酒を飲む機会も減って、週末に旦那さんと2人でお酒を飲むのが本当に楽しくて結構な量を飲んでいまして…。それで、ちょっと肝臓を休ませてあげないといけないな、と」と吐露。

すると、杉が「なんということ…! お酒は飲み過ぎると絶対良くない。お酒はたしなむものだから。みなみ、駄目だよ」と厳重注意。そんな杉の“お叱り”に、高橋は「こんな公の場で杉さんに怒られるとは…」と苦笑しきりだった。