「知って、肝炎プロジェクト 世界・日本肝炎デー2021」が7月29日に東京都内で行われ、厚生労働省 健康行政特別参与を務める杉良太郎と肝炎対策特別大使を務める伍代夏子、スペシャルサポーターのEXILE TETSUYA、横山由依(AKB48)、清水宏保、高橋みなみ、インフルエンサーの佐藤三兄弟が登壇した。

「知って、肝炎プロジェクト」は、2012年より、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝え、あらゆる国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期発見・早期治療に向けて自ら積極的に行動していくことを目的として活動。

今回のイベントは、7月28日の「世界(日本)肝炎デー」を含む、7月26日から8月1日(日)の「肝臓週間」に合わせて行っている集中広報啓発活動の一環で、登壇者たちによる肝炎予防の呼び掛けや、サポーターそれぞれの健康促進に向けた取り組みが発表された。

イベント後に行われた質疑応答では、高橋と横山がこの日結婚を発表した大島優子にお祝いの言葉を贈る一幕があった。

高橋は「(かつて苦楽を共にした)メンバーの幸せはとてもうれしく思っています。私も今朝ニュースで知ったんですけども、先ほど連絡を取りまして、とても幸せなのが伝わってきました。『こんなにたくさんの人にお祝いの言葉を頂く機会ってないよね』というようなことも言っていました。本当に幸せな家庭を築いていただきたいなと思っています。そのためにも、健康ってとても大切なことなので、ぜひ肝炎検査を受けていただきたいと思います!」と祝福。

また、横山は「大島優子さんにはすごくお世話になっているので、本当にうれしいニュースだなと思いました。たかみな(高橋)さんだったり、(AKB48を)卒業された先輩方がご結婚されていくのを『いいな』『すてきだな』というふうに見ています。現役メンバーとしてですが、私も一生懸命日々楽しく過ごしていきたいなと思います。ご結婚おめでとうございます」とコメントした。