ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政、そして井上咲楽がMCを務めるレギュラー番組「こんな美人をフルなんて」(毎週日曜夜11:00-11:30、ABEMA SPECIALチャンネル)の7月25日の最終話放送回では、元AKB48の大島麻衣をゲストに、MCたちとともに、フラれ美女のかおりの過去のフラれた真相に迫っていった。

「こんな美人をフルなんて」は、「信じられないほどの美人でも、フラれた過去を持っている」という仮説のもと、そんな美人をフった元カレたちから「なぜ美人をフってしまったのか?」、また当時、言えずに終わってしまったフルにいたった“本当のワケ”を聞き、元カレたちから明かされる美人たちの実態と、次々と発覚していく衝撃の真相に迫る、爽快感満載の新感覚恋愛バラエティ番組だ。

■「あの恋愛は終わってない」

オープニングでは、キャスティング会社の代表取締役を務めるかたわら、モデルとして、関西コレクションに出演することに加え、薬学部出身で薬剤師の資格を持つ才色兼備なかおりが、10年前につきあった元カレから“価値観の違い”でフラれた過去を告白する。

かおりが「人生で初めて、本気で好きになった人」だと語る元カレとの別れについて、「本当に、あの恋愛は納得いかない。終わってない」と納得のいかない表情を見せると、屋敷は「まだ言ってるんですか!?まぁ、でも、デビュー戦で負けてるからか…(笑)」と納得する。そして、これを聞いた大島が「キャリアを積めば積むほど、残るんでしょうね」と、才色兼備であるがゆえに出てきてしまう悩みだと分析すると、これを聞いたかおりは即座に「はい、そうです!」とうなずき、現場の笑いを誘った。

その後、屋敷から「フラれた理由は、何だと思いますか?」と問われたかおりは、元カレと破局後に流れた噂を告白する。そして、「噂で“すぐに”彼女ができたと聞いたので、私は乗り換えられたんじゃないかな?と怪しんでます」と打ち明けると、空気は一変し、スタジオは騒然となる。

そこで番組では、かおりを良く知る人物の証言から「なぜ、かおりさんはフられたのか?」を推測する。

初めに、かおりの親友のミカが登場し、学生時代のかおりについて「美に対して意識高い。髪の毛やメイクがきっちりしていないと、家から出なかったり、支度にすごく時間がかかるタイプ。待ちあわせをしていても、平均30分ぐらいは平気で遅れます」と証言する。また、「髪型やメイクの変化に気づいてほしいタイプ。気づかなかったら、『なんで気付かないの?』と言ったりするので、男性ならなおさら、そういうことは気づきにくいと思うし、ちょっと面倒くさいかな」と打ち明けた。

こうしてスタジオでは、ミカの証言からフラれるにいたった原因について、納得の雰囲気がただようが、ただひとり、大島だけは、「こだわりはあったほうが良いと思いますし、デートに遅刻するのも、彼氏のためにきれいにしてるので、そこを理解してほしいですよね」とかおりを支持し、また、待ちあわせ時間を逆算して、準備を進めるべきという声が上がった際には、「逆算はちゃんとしてるんです。でも、最後の最後で『昨日、選んだ服じゃないかな?』ってなるんですよ!」と女心を代弁すると、これを聞いた屋敷は「しんどいわ〜(笑)」とつぶやく。

さらに、「ネイルとか、本当にどうでもよくて。これは否定的な意味じゃなくて、例えば、バイクのマフラー変えたの、どうでもいいやん?そういうこと!」と断言すると、この例えに納得の嶋佐も、「それって、たいして変わってないんですよ。だから、『時間かけないでね?』ってこと(笑)」と男心を総括した。

■「一度は遊びにいってみるタイプ」

一方、薬学部時代の同級生のユキが登場し、大学時代のかおりについて「理系なので、あまり華やかな子はおらず、そのなかで目を引くので、いろんな男性から声をかけられていた」と証言する。さらに、「あまり断らないので、誘われたら、一度は遊びにいってみるタイプだった」と打ち明けると、これを聞いた屋敷は「最高やん!全員、チャンスはあるよ」と歓声をあげる。

そして、ユキによって、数々のあざといエピソードが披露されたかおりが、自分のモテテクニックについて「自覚はあんまりなかった。無意識ですね…」と言及した際には、「全部、ナチュラルにやってるんだ…いちばん危ない人だね」とツッコミを入れた。

番組の後半では、かおりの元カレが登場し、かおりをフった理由について、「あまりにもがんばりすぎて、それが行き過ぎすぎて、『なにがしたいんだろう?』と違和感を感じ、いやになってしまった」「最後のほうは、そんなに楽しくなかった」との衝撃告白に、涙するかおりに対し、大島が「これだけ泣ける恋愛もすごい」とコメントした。

■「出口が3つぐらいあるところ」

放送内では、「つきあう人はだいたい同業者」だと告白した大島が、過去につきあった“複数人いるいちばん人気系グループ”に所属する元カレとの、自然消滅にいたった恋愛を告白した。

初めに、元カレとは、仲の良いスタッフをとおして出会ったと打ち明ける大島に対して、スタジオは「うわ〜!すごい!」「ハイパー芸能人だ!」と興奮の声があがる。

また、芸能人同士の恋愛に興味津々の嶋佐が、「どういうデートなんですか?」と質問した際には、大島が「むこうの知りあいのお店で、出口が3つぐらいあるところだった」と打ち明け、いかにも芸能人っぽいデート現場についてスタジオでは歓声が巻き起こる。

その後、つきあったら、連絡はマメに取りたいタイプだと語る大島が、「不安にさせないように、自分の行動はいちいち報告していた」と前置きしながら、夜中にもかかわらず、女子旅で、お酒を飲み、盛り上がった動画を送ってしまったことで、「そういうの要らないんだけど」とバッサリ切られたと告白する。そして、それ以降、連絡頻度が落ちていき、別れの言葉もなく自然消滅してしまった過去を打ち明けた。