8月1日(日)より、内村光良がMCを務めるバラエティ―「ウッチャン式」が、レギュラー放送(毎週日曜昼1:30-1:57、TBS)としてスタートする。

同番組は、2020年11月に第1弾、2021年1月に深夜帯で第2弾、5月にはゴールデンタイムに2時間スペシャルの第3弾が放送された。

あらゆるものを足し算・掛け算して、わけの分からない計算式(ウッチャン式)の答えを出してみようという実験ドキュメントバラエティー。これまでのスペシャルでは、【フワちゃん+大物俳優】×デートの結果はどうなるかを実験してみたり、どんなことと組み合わせれば恐怖はなくなるか(「恐怖」×「???」=「怖くない!」)を調査するため、「恐怖」×「激辛」、「恐怖」×「電流」といった掛け算を実行してみるという無謀だが笑えるチャレンジを繰り返している。

レギュラー化に当たっては、MC・内村のほか、ロケVTRを見守るスタジオゲストとして、第3弾にも出演した麒麟・川島明、アンタッチャブル・山崎弘也に加えて、新たに若槻千夏が出演。言葉にキレがある見巧者のコメントが、笑いを倍加することになりそうだ。

8月1日放送では、第3弾で山崎プレゼンツの企画「大人気大声ツッコミ芸人がいろいろなピン芸人に大声で突っ込むと、無限に面白くなるのか?」の実験対象にされた芸人、おいでやす小田が再び登場。今回は「大声ツッコミ×ピン芸人=面白い?」の式の証明に挑む。

舞台は水族館、山崎が海の生き物をネタにボケて、小田が大声で突っ込む形で実験はスタートする。

そこに、続々と飼育員に扮(ふん)したピン芸人が登場。筋肉芸・なかやまきんに君、フリップ芸・ZAZYが、それぞれ十八番のネタを披露し、小田が大声で突っ込んでいく。その後、ものまねタレント・神奈月の登場で小田に異変が起こる。

■M―1勝者・マヂカルラブリーが昔話をアップデート

「ウッチャン式」は、この他の放送内容も判明している。

マヂカルラブリーは、「昔話×マヂラブ版アップデート」の式を解くため、昔話「金太郎」をマヂカルラブリー流にアレンジして子どもたちの前で披露。そのアップデート版が新しい昔話として成立するのかを検証する。

さらに、1月放送の同様の企画で笑いを生んだ「ポンコツ芸人×冠番組」の式には、お笑いトリオ・四千頭身の都築拓紀と、エイトブリッジの別府ともひこがチャレンジ。大物タレント・石原良純をゲストに迎えたロケ番組で、2人は上手にロケを回し、自身の冠番組を成功させることに挑む。