8月9日(月)より、門脇麦主演、森山直太朗共演の「うきわ ―友達以上、不倫未満―」がスタートする(毎週月曜夜11:06-11:55、テレビ東京ほか)。同ドラマは、野村宗弘の漫画「うきわ」が原作。社宅のベランダを舞台に、「不倫まで壁1枚」という隣人同士の危うい関係を描く。

門脇は、夫・たっくん(大東駿介)の浮気に傷つく平凡な主婦・中山麻衣子を、森山は、たっくんの上司で、妻・聖(西田尚美)の浮気に傷つく二葉一を演じる。ベランダでの会話を機に仲良くなる二人は、互いの傷に寄り添いあう中で次第に惹かれ合っていく。

今回、門脇と森山にインタビューを実施。役どころや作品の魅力などを聞いた。

――原作漫画や脚本を読んで、ストーリーと役どころをどのように捉えましたか?

門脇:丁寧に人間模様が描かれているので、実際にそれぞれの姿が映像で浮かび、すごく素敵な作品だと思いました。不倫というテーマですが、重くなりすぎていません。演じる麻衣子は、あまり自分の意思がなく流れるままに生きてきた女性。夫の浮気という初めて経験したショッキングな出来事が、自分を見つめ直すきっかけにもなっていて、物語が進むにつれて成長がみえる役です。

森山:脚本を読む経験が多くないですが、中山さんと二葉さんの会話のトーンや、“行間”に引き込まれて、読んでいるだけで景色が浮かびました。奥行きのある脚本で、とても感銘を受けました。不倫という題材は、ドロドロしたメロドラマのような、視聴者がタフさを求められるような作品が多いですが、本作は中山家と二葉家の4人が成長していくヒューマンドラマだと思います。

僕が演じる二葉さんは、温厚で物腰柔らかで、相手を傷つけることは発想としてありません。でもその優しさが仇になって、逆に傷つけてしまったり、相手に誤解を与えたりします。近しい関係であればあるほど、どこか物足りなかったりするのかな。欲のなさ、我の弱さが、中山さんにとっては、癒やしであり救いになっているのだと考えます。

――今回初共演のお二人。互いの印象は?

門脇:ずっとテレビで見ていた方だったので、まさかこういう形でご一緒できるとは想像していませんでした。うれしいです。衣装合わせをされた森山さんの写真を見て「二葉さんいる!」と思いました。

森山:僕も共演を楽しみにしていました。門脇さんは役者さんの中で独特な存在感で、年齢を超越した雰囲気を持っている方だなと。精神年齢が僕より17才くらい上なんじゃないかと思います。コロナ禍もあって、一緒に写真撮影をしていてもあまりお話できなかったので、これから距離を深めていければと思います。物語的にも最初は、このたどたどしさでいいのかもしれないですね。「門脇ちゃ〜ん」っていきなり馴れ馴れしすぎてもね(笑)。

――森山さんは、NHK朝ドラ「エール」での演技が話題になりました。本作で新たに見てほしい役者としての一面を教えてください。

森山:「僕のこういう一面も〜!」みたいなのはないですね(笑)。それどころじゃないです(笑)。とにかく作品にどうコミットして、どうはみだしていくかをずっと考えています。年齢的には上ですけど、キャリア的には新人なので、飛び込んでいくだけです。恥をかきにいきます。

――“サレ妻”という言葉もあり、昨今不倫をテーマにした作品が多いですが、本作ならではの魅力を教えてください。

門脇:この作品は、浮気する側も、される側もそれぞれに理由があって、自分自身や相手との関係性を見つめ直すということが、繊細に描かれています。物語の入り口に不倫があるけれど、劇的な展開があるわけではなく、優しさや温かみがあるのが、他の作品と違う見どころだと思います。