斎藤工が主演を務め、白石麻衣が共演する金曜ナイトドラマ「漂着者」(毎週金曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の第2話が7月30日に放送された。正体不明の男“ヘミングウェイ”(斎藤)の周りで不可解な事件が起き、謎が謎を呼ぶストーリーが注目されている同作。そんな中で斎藤と、新聞記者を演じる白石の“絵になるシーン”に反響が寄せられた。(以下、ネタバレがあります)

■ヘミングウェイに翻弄される詠美

今作は、とある地方の海岸に漂着した正体不明の男が不安に苛まれる人々の前に現れ、次第に人々から崇められる存在になっていく物語。企画・原作・脚本を秋元康が担当する。

発見時に「勝者には何もやるな」とつぶやいたことから、通称で“ヘミングウェイ”と呼ばれるようになった男。第1話は謎と衝撃の連続だった。考察の道筋さえまだつけられないほどに。

ラストで病院の屋上から後ろ向きに飛び降りたヘミングウェイだったが、奇跡的に一命をとりとめた。第2話は、ヘミングウェイが飛び降りる前に不審死を遂げた後宮(越村公一)の謎と、再び起きた女児失踪事件についてヘミングウェイが予知するような絵を描き始めるというストーリーが展開した。

女児失踪事件を追う中でヘミングウェイのことを知った新聞記者・詠美(白石)がヘミングウェイの元へ。ヘミングウェイは身元引受人となったローゼン(野間口徹)が代表を務めるNPO法人「しあわせの鐘の家」の施設にいた。

事件を予知していたかのような絵について、「僕の体が勝手に反応しただけ」というヘミングウェイ。そして過去の記憶がないから「目の前で起きたことしか、事実として認識できないんだ」と言うと、詠美は「ちょっとうらやましい気がします」とつぶやいた。すると車いすに座っていたヘミングウェイが立ち上がり、詠美を背後から抱き締めた。「どういうことですか?」と戸惑う詠美に、「こうしないといけないと思ったから」とヘミングウェイは告げた。

突然のバックハグには視聴者にも驚きが広まったが、「めっちゃ美しい」「絵になる」といった声が上がり、謎多きストーリーの中で一時の眼福シーンでもあった。

■考察も難しい、謎を呼ぶストーリー

第2話でも謎が深まるばかりだった。バックハグも詠美の心の奥を察知しているかのようなことからなのか。女児失踪事件に関連するような絵を描くのはなぜなのか。そして、胸の前で腕をクロスするポーズ、ヘミングウェイの足にほられたタトゥーの絵の意味もまだまだ分からない。

そして、第1話で亡くなった後宮は遺伝子工学の大学教授だったが、彼が病室の壁一面に書いていた数式の続きを完成させたヘミングウェイ。長く解けなかったものができたヘミングウェイの能力の不思議さがさらに増した。

第2話もまた衝撃の出来事で幕を閉じた。死の連鎖が絡む謎の複雑さにSNSでもまだ考察が進まないといった意見が。次週はオリンピック関連番組のため休止となるが、これまでを見返して謎の整理をしながら次回放送を待ちたい。

第3話は8月13日(金)に放送。詠美は、社会部のキャップ・橘(橋本じゅん)から、日本一の有名人になったにもかかわらず、いまだに身元が判明しないヘミングウェイの正体をスクープするよう発破をかけられる。

(文=ザテレビジョンドラマ部)