EXILE TRIBEの若手ユニット、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BBZ)が8月4日(水)に待望の4thシングル「SUM BABY(サマーベイビー)」をリリース! キャッチ―なトラックが印象的な“夏全開”サマーソングにちなんで、7人の夏トークをたっぷりお届けします。EXILE TRIBEで唯一全員がマイクを持ち、アクロバットまでこなす実力派な彼らですが、わいわい仲良し&賑やかなところも大きな魅力!

――新曲「SUM BABY」は、昨年の夏にリリースした「SUMMER HYPE」に続く夏曲ですね!

砂田将宏 1曲の中にアップダウンがある曲です。リズムに乗ってメロディーが始まって、Bメロでちょっとトーンダウンしたかと思うと、キャッチーなサビでアガって、その後にみんなでノレるパートがある。最初に聴いたとき、そんなバランスの良さが印象的でした。

――「SUM BABY」での自分の注目ポイントを教えてください。

奥田力也 イントロの英語で話しているところは、出だしから曲の雰囲気を感じ取ってもらえるんじゃないかと思ってます。僕のラップパートもそうですが、夏曲だし、難しいことナシで、シンプルな思いを伝える曲になっていると思います。

砂田 僕は歌い出しを担当していますが、ちょっとダルい感じで始まります。夏休みの後半の「ダリーな、暑いなー」って雰囲気を表現できていると思います(笑)。

加納嘉将 僕はサビの最初の部分を歌わせてもらっています。明るいメッセージが込められているし、盛り上がる部分なので、ノリノリで聴いて欲しいところですね。

日高竜太 あ〜、あそこ好き! ガッと掴まれる。そういうところ、嘉将の持ち味だよね。「サビ、来たー!」って感じ(笑)。僕はDメロを歌っていますが、デモ音源を聴いたときから「このパートを歌いたい!」って思っていたところを歌えて、テンションが上がりました(笑)。
※日高の「高」ははしごだかが正式表記

――歌のパートはどうやって決めているんですか?

日高 「SUM BABY」は、メンバーそれぞれが一度全部通して歌ってみて、パートを分けていきました。だから、それぞれの個性やいいところがしっかり出ていますよね。バランス良くハマっている感じ。

松井利樹 僕は、日高くんのパートがこの曲の中で一番好きですよ。冗談抜きで!

日高 おー、うれしいな。自分にプレッシャーをかけて作りこんだからね。

砂田 メンバーにもプレッシャーかけられたし(笑)

日高 そうそう(笑)。

松井 僕もDメロを担当しています。(日高)竜太くんの後、大サビに向けて上がっていくところをイメージしながら、うまくつながるように、そして自分らしさも入れられるように意識して歌ったんだけど、自分的にはベストマッチ!

深堀未来 僕は、MVのはっちゃけ感を見てほしいな。

海沼流星 バーベキューのシーン、ガチ食いしたー!

砂田 僕は今、ゴルフにハマっているので、ゴルフ場のシーンも見てほしい!

――砂田さんのゴルフクラブは、三代目J SOUL BROTHERSの登坂広臣さんがEXILE NAOTOさんにいただいたものだそうですね(笑)。

砂田 はい、それを貸してもらっています(笑)。いずれは返さなくちゃいけないので、今年中には自分のクラブを買いたいんですけれど。

■BBZの“夏の思い出”トーク
――「SUM BABY」は夏曲…ということで、皆さんの夏の思い出を教えてください!

奥田 (加納を見て)2人でディズニーランドに行ったよね。

加納 ああ、夏だったね。2人ともディズニーの世界観が好きで。2回は行ってるよね。アトラクションに乗って、ご飯を食べて、普通に楽しんでます(笑)。そのときは力也が未成年だったから僕だけビールを飲んだけど、次は一緒に飲もう!

奥田 うん、早く行きたい!

松井 僕とマッサン(砂田)も、一緒に海に行ったよね。あれが唯一上京してから行った海。2人とも上裸でリュックを背負って砂浜を歩いて。「海だー!」と思って入ったら、茶色いし浅いし、「思ってたのと違う…」ってなったけど(笑)。

砂田 「浅っ!」ってなったね(笑)。砂田家は海好きで、毎年ウェイクボードをやるのが夏の恒例。モーターボートで引っ張られるから、めっちゃ速い! 最近は竜太くんと力也がサーフィンを始めたので、僕も始めてみました(笑)。

海沼 「楽しかった」というよりは「経験して良かったな」という夏なら、BBZを結成した夏、「居酒屋えぐざいる」で一夏で100回以上パフォーマンスこと。あの経験があったから、今の自分たちがいるんだなと思えます。プライベートではインドア派だからな…。

■ほかのアーティストの方に「めっちゃ仲いいね」って言われます
――海沼さんのほかにインドア派はいますか?

深堀 僕はインドア派ではないんですが、友達の家に遊びに行くよりは、ウチに来てほしいタイプ。楽しんだ後に帰るのがイヤなんですよ。

日高 流星と嘉将は、確実にインドア派だよね。流星はゲーム、嘉将はマンガを読んだり動画配信サイトを見たりして、ずっと家にいるイメージ(笑)。僕は家にいるのが苦手で完全にアウトドア派! コロナ禍になってからは行けていませんが、毎年友達と川でバーベキューしてるかも。

深堀 バーベキューといえば、おととしメンバーと行ったよね。ちょうど僕と流星が20歳になって、お酒を飲めるようになったタイミングだったし、すごく楽しかった。

加納 2019年の東南アジアプロモーションツアーも思い出に残ってるよ。ホテルのプールで撮った写真がめちゃめちゃエモくて! 未来はいまだにそれをスマホのホーム画面にしてます(笑)。

――プライベートでもメンバーと一緒に遊びに行くんですね。

深堀 僕らは何も意識せず、当たり前のようにメンバーで集まってワイワイしてるんだけれど、ほかのアーティストの方によく、「めっちゃ仲いいね」って言われます。それで改めて、「俺らって仲いいんだなー」って思う(笑)。

砂田 確かに。周りからは「すごいね」って言われるね。パフォーマンスやライブも全部自分たちで作り上げているから、普段から意見を出し合って、話し合うことが当たり前になっているのかも。

■パフォーマンスだけでなく、笑いにも貪欲!?
――普段は仲良しな皆さんですが、仕事の時に一番厳しいのは誰ですか?

深堀 それはやっぱり最年長(日高)じゃないですか?

砂田 加納くんがよく指摘されてます。立ち位置をよく間違えるから(笑)。

日高 嘉将には、間違えそうなときは事前に「あそこ注意して!」って言うんだけど、「OK。ありがとう!」ってめっちゃ笑顔で返した後、本番でやっぱり間違える(笑)。

加納 ふふふ(ニコニコ)。

――日高さんは、加納さんが間違えそうなときが分かるんですね。

日高 周りを見ているほうなので気付きますね。仕事でもプライベートでも「気にしい」なんです。仕事だと、未来も厳しい指摘をすることがあるよね。

砂田 振付の部分とか。

深堀 こう見えて、意外と言ってます(ドヤ)。

――笑いを取りにいくだけじゃない、と(笑)。

砂田 ウチはみんな笑いに貪欲で(笑)。しかもそれぞれジャンルが違うし。未来はクレイジーコメディアンで、竜太くんは直球。ストレートコメディアン。

日高 打線で言うと2番か3番だな(笑)。

深堀 流星はブラックホールじゃない?

砂田 で、力也はストレンジャー。…ヤバイな、力也と未来で天才と奇才がそろってる(笑)。

――奥田さんといえば、Instagramでほうきに乗った写真を撮る「空飛ぶ日記」を投稿されていましたが、なぜあのような写真を撮ることに?

奥田 理由は特にないんですけれど…(笑)。最初はせっかくツアーで全国に行かせていただくからには、各地の有名スポットで写真を撮ってアップしたら皆さんが喜んでくれるかなと思ったのですが、このご時世なので、会場でできることを考えてみたんです。それで、会場に絶対にあるものって何だろうと考えたら「ほうき」だったので、それを使って撮ろうと思って。

松井 いっそのこと、「ハリー・ポッター」のほうきを買えば良かったのに!

奥田 それも考えた。でも、ほうきを持って新幹線に乗るのはイヤだ(笑)。

――今後の投稿も楽しみにしています(笑)。さて、「SUM BABY」にまつわる夏のお話を聞いてきましたが、「SUM BABY」はどんなシチュエーションに似合いそう?

砂田 ビールを飲みながら聴いてもらえたら最高ですね! 楽しみながら、でも、ユルい感じで。

松井 夏休みに、朝からみんなで出かけるときの車の中で聴いたりすると、ピッタリだと思います!