8月1日深夜の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)では、3年半ぶりにおバカNo.1を決める「第3回 頭NO王決定戦!」が行なわれ、4期生・弓木奈於が、これまでのチャンピオンを下し新頭NO王に輝く場面が見られた。

国語・算数・理科・社会・英語の5教科から、中学3年生レベルまでの問題を出題。テスト結果最下位のメンバーが「3代目 頭NO王」に決定するという今回の企画。

梅澤美波とともに最後のワースト2に残った弓木は、「梅澤さんはすごい珍回答を連発なさってたので、私は負けるはずがないかなと」と自信をのぞかせたが、梅澤も「でも私は勝ちを確信しています。普段から喋ってても、弓木ちゃんってちょっとおバカがすごい」と反論する。

結果は弓木が最下位の「3代目 頭NO王」となる。決定後のコメントでは、元祖頭NO王和田まあやについて「私、和田まあやちゃんと同級生で、同じ学校で授業受けてたりしてたんですよ。でも、私は補習呼ばれてなくて、まあやはすっごい補習呼ばれてたんですよ」と明かす。一方で和田も「同級生で、勉強も一緒にしてましたし、しかも一番下のバカなクラスに奈於もいました」と、なるべくして同級生同士の頭脳王が誕生したことをコメント。

弓木が「私、珍回答にもあまり呼ばれてないんですよ」と言うと、司会の設楽統(バナナマン)が「弓木そこね、だから和田から教わったほうがいい。『あんまり面白くない間違い』。それが弓木ちょっと課題。あんま紹介されてなかったでしょ?普通にただただ間違ってる」と、和田のようなオモシロ珍回答タイプではなく、ただの笑えないおバカだと忠告。

これに弓木は「やばいやばい、いちばんやばいじゃないですか」と始めは息巻いていたが、最後はガクッと肩を落とし絶句していた。

次回の「乃木坂工事中」は8月8日(日)深夜0時より、「1〜4期がチームを組んだ縦割りクラス対抗戦!」を放送予定。