二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)。8月3日に放送された第4話では、早梅(二階堂)への思いを隠し切れない壱成(眞栄田郷敦)の、かわい過ぎる嫉妬と和服姿が視聴者を魅了した。(以下、ネタバレがあります)



■眞栄田郷敦が和服姿でサプライズ登場

本ドラマの原作は、漫画アプリ「マンガワン」(小学館)に連載中の同名漫画。人生崖っぷちアラサーバツイチ女子・早梅が、高級老舗旅館の御曹司でイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生・壱成に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディー。

第4話では、早梅が初恋相手の成吾(岩田剛典)と10年ぶりに再会。成吾は壱成の兄で、現在は早梅も働いている旅館の五代目若旦那。容姿端麗で優秀な成吾が早梅に優しく接すれば接するほど、成吾に憧れる仲居たちからの早梅への嫌がらせが増していた。

そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺(かたせ梨乃)から宴会の予約が入る。西園寺は超VIPの常連客で、年に数回大宴会を開くが、女性従業員は立ち入り禁止。当日、お気に入りの成吾が留守と知った西園寺は不機嫌になり、男性従業員は次々とメンタルをやられる。その状況を見かねた早梅が座敷に上がるが、ルールを破った早梅に激怒した西園寺は裸踊りを強要する。

そんなピンチを救ったのは、壱成だった。早梅の様子と男性が和服に着替える姿が同時に描かれていき、旅館でいつも和服姿の成吾が予定を早く切り上げて戻ってきたのかと思いきや、壱成が登場という展開には驚きだった。

さらに、金髪ながら和服がよく似合う壱成に視聴者の目がくぎ付けに。SNSには「和服の壱成に思わずときめいてしまった」「予想以上の破壊力」といった投稿が次々に並んだ。


■嫉妬心丸出しの壱成がかわい過ぎる!

祖母・悦子(三田佳子)に西園寺の接客を依頼され、当初は拒んでいたものの、早梅のピンチを聞いてすぐさまに駆け付けた壱成。

冒頭でも早梅の初恋相手が自分の兄だと知って分かりやすく不機嫌になっていた壱成だが、ラストではその嫉妬心が爆発!

壱成が旅館での出来事を「成吾のために頑張ったのか?」と問い掛けると、壱成に背を向けて歩きながら「お兄さんとは何もなかったんだから」と答えた早梅。壱成はそんな早梅の肩をつかんで振り向かせ、「あいつのこと何とも思ってないなら、俺の目見てちゃんと言え!」と迫った。

壱成の隠しきれない恋心に、再び視聴者が沸き「ハート射抜かれました」「必死な壱成も可愛い」といった声が。五輪関係のワードがズラリと並ぶTwitterのトレンドに、タイトルがランクインする反響を呼んだ。

第5話は8月10日(火)に放送。成吾から食事に誘われた早梅は、壱成に内緒で出掛けるが、察しのいい壱成は何かあると感じ、こっそり後をつける。レストランに入っていく姿を目撃した壱成は、道中でばったり会った黒瀬(金子ノブアキ)と共に、早梅らのテーブルの近くで監視することに。一方、成吾の心が自分から離れていると感じた菊乃(松井玲奈)も、ひそかに行動を起こしていた。

(文=ザテレビジョンドラマ部)