三浦貴大が主演を、剛力彩芽がヒロインを務める「彼女のウラ世界」(毎週月曜夜0:25-0:55、フジテレビ※第8話は夜0:40-1:10)の第8話(AKIKO SIDE)が8月9日(月)に放送となる。同作は、男性の目線の「TOSHIRO SIDE」、女性の目線の「AKIKO SIDE」という男女それぞれの目線で二つのストーリーが描かれる作品となっている。

同作は東京カレンダーwebサイトで連載の小説をドラマ化したもの。制作会社でドラマのディレクターをしている西村敏郎(三浦)が、3年付き合った彼女・明子(剛力)にプロポーズをするが、翌日彼女は婚約指輪を置いて姿を消す。消えた彼女の真実とともに彼女の足跡を追う男の本性が明らかになっていく物語が描かれる。

敏郎の同僚として働くTV局プロデューサー・山手香澄を西田尚美、明子の幼なじみ・中条勇一郎を柳俊太郎が演じる。ほか、明子の母親・西東咲子を藤田朋子、明子の叔母・山形夏子を霧島れいかが演じている。

■注目の第8話

体調を崩した母・咲子(藤田)に変わり、社長代理に就任した明子(剛力)は、慣れない日々を送っていた。その頃、インスタグラムに送られてきた敏郎(三浦)かもしれないコメントに、アカウントを知るはずがないと、当たり障りのない返事をしてみる。

ある夜、明子は中条(柳)となじみのバーへ行くと、学生時代の恋話や昔話に花を咲かせる。ふとバーテンダーから、夕方に男が訪ねてきて明子のことを根掘り葉掘り聞いてきたと言われ、不審に思う。

そして、中条は元彼の存在が気になりつつも、運命を感じる明子へ真っ直ぐに気持ちをぶつけてくる。

――という物語が描かれる。

第7話の終わりに流れた予告には、「この子、近藤明子って言うんだけど知ってます?」と、敏郎がバーテンダーに写真を見せる様子や、中条が「俺さ、君のことが好きになったんだ」と明子に自分の思いを告白するシーンが流れた。

「彼女のウラ世界」第8話(AKIKO SIDE)は8月9日(月)、夜0:40よりフジテレビで放送。