GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の8月8日(日)放送回では、タレントで占い師の島田秀平をゲストに迎え、GENERATIONSのなかで“誰がいちばんサイコパスなのか”を決める企画「サイコパス診断科」を行い、予想を上回るサイコパスな回答続出で、思わずたじろぐ“最凶サイコパス男”を決めていく。

■片寄涼太「目がぜんぜん笑ってない」

オープニングトークでは、過去に一度だけ島田と面識があるメンバーたちを代表して、進行を務める小森隼が、「我々も歳をとって、ひとりひとり成長しまして。きっと、人格ももっと濃くなったんじゃないかと思います」と自信をのぞかせる。

これを聞いた島田は、「みなさんは、本当にサービス精神が旺盛で。当時は、歌番組の裏側の合間だったんですけど、これから自分たちのステージがあるのに、トークも全力という姿勢が本当にファンになってしまいました」と当時のメンバーたちをほめたたえ、早々と、メンバーたちのハートをわしづかみにする。またその際に、時間の関係上、関口メンディーの手相だけは見ることができたと話し、「たしか覚えでは、頭脳線が若干、短かった。具志堅用高さんよりも短かった」と、この衝撃事実を聞いたメンディーは食い気味に、「そうだ!そんなこと言われました!」と大笑いする。

また、「メンバーのなかで、誰がサイコパスっぽいか?」と問われた島田は、片寄涼太の名前を挙げ、「ずっと楽しく笑ってるんだけど、目がぜんぜん笑ってない」と言及した際には、笑顔の絶えない王子キャラが定着している片寄の、内なるサイコパス感が露呈し、スタジオは早くも笑いの渦に飲み込まれる。

■島田秀平よるサイコパス診断

そして、占いだけでなく、人間の内に眠る本性を暴き出すことができる、島田によるサイコパス診断が行われ、メンバーたちは家族を題材とした例題や、殺人犯の気持ちになって答える例題など、さまざまなお題に挑戦する。奇想天外な回答が続出したこの診断で、“最凶のサイコパス男”に選ばれたメンバーは、また、本性あぶり出し診断で、島田が思わず「無理だって!ぜんぜんわからないもん!」「どういうこと!?」と大困惑となった佐野玲於の珍回答を見ることができる。