8月16日(月)に放送される波瑠主演ドラマ「ナイト・ドクター」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の第7話に、泉澤祐希と古舘佑太郎がゲスト出演することが分かった。

同作は、試験的に結成された夜間専門の医療チーム“ナイト・ドクター”として集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる5人の医師たちが、唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。波瑠、田中圭、岸優太、北村匠海、岡崎紗絵がナイト・ドクターとして働く救急医を、沢村一樹が5人の指導医を演じる。

泉澤は横浜市消防局の新米救命士・星崎比呂を、古舘は成瀬(田中)の医大時代の後輩で「あさひ海浜病院」の脳外科医・里中悟をそれぞれ演じる。

泉澤が演じる星崎は、救命士になったばかりの新米。路上に倒れていた男性の搬送先となる病院を探すも、深夜の病院はどこも人手不足で、ことごとく受け入れを断られてしまう。そんな中「あさひ海浜病院」だけが受け入れてくれ、星崎は安堵(あんど)する。

しかし、搬送された男性が受け入れ拒否されるのには、さまざまな理由があり、受け入れた男性を巡って「ナイト・ドクター」と日勤の医師で対立することに。“24時間365日どんな患者も受け入れる”という理念を掲げる「あさひ海浜病院」は、受け入れ先の病院が見つからないことには、救える命も救えない星崎にとって非常に大きな存在であり、今後も密接に関わっていくことになる。

古舘演じる里中は「あさひ海浜病院」の脳外科医で、成瀬の医大時代の後輩。「ナイト・ドクター」になる前は脳外科医だった成瀬は、第5話で明らかになった訴訟問題もあり「ナイト・ドクター」へと転身。しかし、脳外科医として専門技術を磨く道も捨て切れていなかった。里中はそんな成瀬の今後に大きく関わる存在になる。

■泉澤祐希コメント

医療ドラマは専門用語や、普段使わない言葉を使い、さらに救命士はスピーディーに、明確に現場の状況や負傷者の状態を伝えなくてはならないので、これは苦戦しそうだと感じており、緊張もしていました。

でもぶつかるしかない、やるしかないという強い気持ちで挑みました。新米救命士の星崎は、やる気に満ちあふれ、何としても患者さんを助けたいという気持ちでいっぱいです。

しかし、受け入れ先がなかったりと壁にぶつかります。それでもめげずにしっかりと立ち向かうことのできる強い心を持つ新米救命士・星崎の成長を見届けていただければと思います!

■古舘佑太郎コメント

万が一の時は、深夜でも救急医療の方が助けてくれると、どこか当たり前のように思っていました。しかし実際は、夜間医療の方たちの苦労や葛藤の上に、われわれの安心は成り立っていることを実感しました。

優秀で冷静沈着なイメージの強い医師ですが、この物語を通して僕が演じた里中含め、人間味あふれる彼らをとても身近に感じることができました。時に仲間とぶつかったり迷ったりしながら生きる、彼らを見届けていただけるとうれしいです。


※古舘の「舘」は、「舎」へんに「官」が正式表記