SKE48の荒井優希が、8月7日に愛知・日本ガイシスポーツプラザ第3競技場で行われた東京女子プロレス「The sky is the limit 2021」大会のメインイベントに出場。師匠である山下実優とタッグを組み、愛野ユキ&宮本もかと対戦し、勝利を収めた。

試合では、途中捕まる場面も見られた荒井だったが、山下の檄に応えて自力で応戦。山下が宮本へのストマックブロックで反撃を開始すると、試合を託された荒井は、山下のハイキックと自身のビッグブーツの連係技を披露。

山下が愛野をスカルキックで排除すると、荒井が宮本にフルネルソンバスターを浴びせ、最後は得意技のFinally(踵落とし)でフォール勝ち。タッグマッチでの荒井のフォール勝ちは初めてで、Finallyで勝利を手にしたのも初となった。

試合後、荒井は「名古屋大会、そして初めてのメインの試合ということで絶対に名古屋では勝ちたかったので、本当にうれしいです!」と喜びを爆発させると、「次は12月に名古屋で大きい大会があるということで、私も出たいなと思いますし、今日は普段からたくさん教えてくれる山下さんのサポートがあり勝てたんですけど、次はそんな山下さんとシングルマッチがしたーい!」と対戦をアピール。

「今日の恐い山下さんを見て、ビビリ散らかしていますけど、12月までまだ時間があるということで、今日とは違った荒井優希をまたお見せできるように頑張るので、皆さん観に来てくれますかー?」と本気であることを強調した。

一方の山下は「私も日頃、荒井ちゃんと練習させていただいていますけど、本当に気持ちが強くてアイドルの仕事に対しても、プロレスに対しても同じだけ全力で取り組んでいる姿、すごく刺激をもらっています! そんな荒井ちゃんと私もシングル(マッチ)したいと思っています。ただ、今のままじゃ倒せないし、闘いたいなら倒しにきてほしいなと思います」と応じた。

荒井は8月14日(土)、15日(日)の東京・後楽園ホール大会に出場。シングルマッチ2連戦で、上福ゆき、辰巳リカと対戦する。

■荒井優希コメント

名古屋での初めての大会ということで、どれぐらいの方が来てくれるんだろうとか、みんな興味を持ってくれるのかなとか不安な部分もあったんですけど、本当にたくさんの方が来てくださっていて。そんないつも応援してくださる皆さんの前で、タッグで自分で勝てたのは初めてだったので、すごくうれしかったし、山下さんの前で少しでも成長した姿が見せられたんじゃないかなって思うのでうれしいです! でもまだまだ続くので、次に向けてこれからも日々頑張っていきたいなって思います。

(名古屋で初めての試合、初めてのメインということについて)まず家から(会場に)来たのが初めてだったので(苦笑)。いつもホテルでソワソワしながら、前日は過ごすのが普通だったので。落ち着いて過ごせたのが、すごい不思議な感じで。自分がいつもいるところに先輩方が来てくださるのも、すごい不思議な感じだったし、SKE48のファンの方も多分たくさん来てくださったと思うんですけど、そんな皆さんにプロレスの楽しさとかを見せられたんじゃないかなと思うので。また次の大会も決まっているので、みんなに観に来てほしいなって思いました。

(山下とのシングルマッチ希望について)今日一緒にやってみて、やっぱりまだ助けてもらった部分とか、山下さんの声で頑張ろうと思えたところとか、まだまだたくさん支えてもらってばかりだなって。やっぱり一緒にいるうちはたくさん甘えてしまうので、次はシングルで闘ってもっと成長できたらなと思いました。

(翌週の後楽園2連戦に向けて)シングルマッチを2日連続でやらせていただくので、それは初めてのことなので、すごい緊張とかプレッシャーも大きいんですけど、今日も観てくださった方がたくさんいたし、たくさんの方が応援してくれてるって思ったら頑張れる気がしました。

■山下実優コメント

今日、名古屋っていう荒井ちゃんにとって特別な場所で、こんなに大勢の(観客の)中で一緒に闘えたことはうれしいですし、結果として荒井ちゃんが(勝ちを)取って強い姿を見せられたんじゃないかなと思うので、私もすごくうれしいです。

普段練習をしていて、取り組む姿勢は本当にすごく真剣で。私も教えているっていう感覚はなくて、一緒に強くなっているっていう感覚にしてくれる子なので。しっかり12月のシングル(マッチ)を、まだ決まっていないですけど希望として聞けたのはすごくうれしいし、私もそんな荒井とシングルしたいなと思います。

まぁ私も強くなりますし、希望する12月までに荒井がそれだけ強くなっているかっていうのを私的にはすごく楽しみですし、お客さんにも楽しみにしていただきたいなと。シングルが現実になるのか、そこも期待していただいて、荒井の応援も、東京女子の応援もしていただきたいなと思います。