8月8日深夜の「乃木坂工事中」(毎週日曜深夜0:00-0:30、テレビ東京系)では、「乃木坂46 縦割りクラス対抗戦」が行なわれ、3期生の久保史緒里が泣くほどの赤っ恥をかくシーンが見られた。

1期生から4期生まで、それぞれ1人ずつが所属する縦割りクラス(の・ぎ・ざ・か)を4組作成し、期を超えての連帯感が試される様々な対決を行い、優勝したクラスには「やりたい企画で放送1回を担当する権利」がプレゼントされる今回の企画。

質問に対する答えを4人でぴったり合わせる「乃木坂46ぴったり当てましょう」では、「乃木坂46の中で一番髪がサラサラなメンバーは?」のお題が出題される。「ざ」クラスで最初の2人(1期生・樋口日奈、2期生・北野日奈子)が「齋藤飛鳥」と書く中、3人目の回答者である久保は「久保」と自身の名を書き「違う違う違う。めっちゃ恥ずかしいです。めちゃめちゃ恥ずかしい」と必死に反論。

司会の設楽統(バナナマン)が「わかるよ。今までの傾向だと、同じチーム内での名前で合わすパターンかなって」と助け舟を出すと、久保は「そうなんですよ。なんか…もう喋りたくもないんですけど、昔バラエティで『髪一番サラサラ』でトップ取ったことがあったんですよ。だから(私)かなって思ったんですけど、めっちゃ恥ずかしいです」とその理由を説明。

最後に、4期生・筒井あやめが「あすかさん(齋藤)」と書かれたボードを発表すると、設楽が「久保が自分を書かなければ(満点だった)」と言い、久保はその場に膝から崩れ落ちセルフノックアウト。

久保が「いや恥ずかしい!ちょっとすいません。消え去りたいです今」と言って恥ずかし涙を流すと、設楽が「遠くから見ても久保が『久保』って書いてあるのがわかるわ」とさらにイジり、笑いを誘っていた。

次回の「乃木坂工事中」は8月15日(日)深夜0:00より、「乃木坂46 縦割りクラス対抗戦」の後半戦を放送予定。