GENERATIONS from EXILE TRIBEのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、ABEMA SPECIALチャンネル)の8月8日放送回では、タレントで占い師の島田秀平をゲストに迎え、GENERATIONSのなかで“誰がいちばんサイコパスなのか”を決める企画「サイコパス診断科」を行った。予想を上回るサイコパスな回答が続出するなか、島田でさえも思わずたじろぐ“最凶サイコパス男”を決めていった。

■小森隼「いちばんヤバイ人」

オープニングで、島田が見た、目だけでサイコパスだと思う人物として、「目がぜんぜん笑ってない」という理由で片寄涼太と、「いちばんヤバイ人。MCが達者すぎて、人間の心をどこかに置いてきちゃったんじゃないかって思う」という理由で小森隼の名前を挙げると、メンバーたちは的を射すぎている島田の指摘に爆笑となった。

しかし、そんな島田に納得のいかない小森が、中務裕太に視線を向けながら「でも、僕なんかよりも、ずっと何か書いてる裕太のほうがヤバイと思う!」と、画用紙に文字を書き続ける中務の珍行動を指摘する。

そして、注目を集めた中務が、ほかのメンバーたちに画用紙を見せながら、「片寄サイコパス、小森サイコパス」と読み上げると、これを見ていた島田はすぐさま、「これはサイコパス憧れです!本当のサイコパスはあんなことしない。出しちゃってる時点で、すごくサービス精神旺盛な常識人です!」と断言し、まさかの指摘に現場では笑いが巻き起こった。

■ダントツの診断結果――

出題された例題に、「直感で浮かんだ答えを素直に書く」というルールのもと、サイコパス診断を開始し、メンバーたちは、家族を題材とした例題や、殺人犯の気持ちになって答える例題に挑戦していくが、どの例題に対しても、ほかのメンバーたちとは少し変わった表現や思考で、“サイコパス”と言われる人たちと似た回答をしてしまう佐野玲於に注目が集まると、小森は思わず、「いや〜、俺、やっぱ玲於はサイコだと思ったんだよ」と言う。さらに、「違うのよ」と言わんばかりに弁解する佐野に、「もう出ちゃってるのよ。あなたはサイコパスです!」と言い放つと、「え〜!?」と驚きの声を上げる佐野に対し、現場では、この日いちばんの笑いが巻き起こった。

その後、ダントツの診断結果で、佐野がメンバーでいちばんのサイコパス男に認定されてしまうと、ほかのメンバーたちは、すぐさま「そうかもね!」と納得する。

その一方で、サイコパスと診断された人は、「冷静で、頭がキレる人が多い」と言われていることに触れた島田が、「何か問題が起こった時に、いちばん解決への近道に誘導してくれるかもしれないので、メンバーにこういう人がいるということは、むしろ心強いかもしれません」と告げた際には、ふだんから冷静な佐野の言動や行動を振り返ったメンバーたちも、「たしかに…」「納得できる気がする」「頭、回るってことだもんね」と感慨深い表情を見せていた。