太平洋戦争末期に行われた医師による米兵捕虜の生体解剖の実話を基にし、人間の狂気と正気を描く終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」(8月13日[金]夜10:00-11:15、NHK総合)。捕虜の実験手術に関わり、終戦後に死刑判決を受ける助教授・鳥居太一を妻夫木聡が演じる。



「撮影の間、罪とは何だろう? 生きることとは何なのか?を考えていました。太一は状況も分からず手術に参加し、おかしいと気づいてからは教授に手術の中止を求めて、3回目以降は参加していない。太一が行ったことはもちろん罪ですが、そのときの彼自身には罪の意識がなかったんですよ。だけど彼はほかの死刑囚と出会い、罪の意識がなかったことも罪だと気づいていく…。答えがないんですよ。

実際に太一のモデルとなった方がいるのですが、その方もずっと葛藤していたようです。芝居をする上で役と自分自身を重ね合わせることはほとんどないのですが、今回は重ね合わせて役について考えました。葛藤が多い現場でした」と話す妻夫木。

終戦後に首謀者とされた太一は死刑囚に。そんな夫の判決に納得せずに、妻・房子(蒼井優)は奔走する。

「蒼井さんが房子でよかったと思いました。絶対に諦めずに真っ直ぐに突き進んでいく房子にピッタリで。あと何度か共演しているので、細かいところを話さなくても通じ合える部分がお互いにあるのはすごく安心できました。一緒に戦えるなって。

張り詰めた空気のシーンが多かった中で、唯一ホッとしたのは房子と子供たちのシーンでした。本当に太一のような気持ちになって…。ちなみにシーンにはなかったのですが、子供たちを抱きしめさせてもらったんです。そのときは本当に幸せでしたね。子供たちが『お父ちゃん』と呼んでくれるだけで泣きそうになりました」

■子供が父親にさせてくれているということ
実生活でも父親である妻夫木。極限状態に陥ったとき、家族だけが支えになるのも分かるとのこと。

「父親になったから芝居が変わったとかはあまり感じないですが、例えば小栗(旬)とか見ていると、あぁ父親の顔になったなとか、何かひとつ大人になった感じはしましたね。それはもう感覚でしかないですが、きっと僕もそう思われているところはあるのかも。

そして改めて感じるのは、父親になるというより、子供が父親にさせてくれているということ。子供から学ぶことも多くて成長させてもらっているなと。そして当たり前ですが、家族ができて自分1人だけではなくなってきた感じはします。

太一ではないですが、もし自分がいなくなったときのことを考えて行動するというか。太一も、自分が死ぬことよりも自分が本当のことを主張しないことで他の人たちに罪が被さってしまうことを考えた部分もあったと思います」

死刑囚となった太一は、元軍人の冬木(永山絢斗)や元陸軍中将の岡島(中原丈雄)と出会い、命の意味や本当の罪について気づいていく。

「絢斗とのシーンは多かったのですが、役について話すことはなかったです。心のつながりみたいなものを探り合っていきながら芝居でキャッチボールをしていく感じで。だから撮影の合間は全然関係のない話をしていました。絢斗が(永山)瑛太に似てきて、やっぱり兄弟だなと思う瞬間がたくさんあったので、そういう話をしていた思い出です」

撮影が終わって、改めてタイトルの言葉が響いたと妻夫木。

「上の命令に従ったことですが、やはり『しかたない』で片付けてしまったら、すべてが“過去”のことになってしまうんですよ。そこに関わったなら、一生抱えて、死ぬまで“現実”でなければいけない。それは僕たちも同じで、このような事実があったことを未来永劫抱えていかなければならないと思いました。そしてこの作品を通して改めて平和について見つめ直し、少しでも自分にできることがあるのではと考えたり、こういう人間になりたいという気持ちが芽生えてもらえたら、作り手としてとても幸せなことだと思います」

取材・文=玉置晴子

■終戦ドラマ「しかたなかったと言うてはいかんのです」あらすじ

1945年5月。西部帝国大学医学部の助教授・鳥居太一(妻夫木)は、教授の指示で米兵捕虜の手術を手伝う。しかし、それは治療のためではなく実験手術であった。それを知った太一は教授に手術の中止を進言するが却下され、結果的に4回にわたる手術により8名の捕虜が死亡してしまう。

戦後、この実験が明るみに出て、太一は占領軍に逮捕され裁判を受けることに。戦犯として死刑判決を受けた太一は、凶行を止められなかった自分と向き合うことになる。一方、太一の妻・房子(蒼井)は、裁判の中でゆがめられた真実を明らかにし、事件の首謀者にされた夫を死刑から救おうと奔走する。