ABEMAオリジナルシリーズ恋愛モキュメンタリー番組「私たち結婚しました」(毎週金曜夜11:00より、ABEMA SPECIALチャンネル)の第5話が、8月6日夜11時に放送された。

「私たち結婚しました」は、韓国で2008年から約9年間、レギュラー放送された番組「私たち結婚しました」を日本版にリメイクした、ABEMAオリジナルシリーズで、俳優の野村周平と、バンド・ゲスの極み乙女。のドラムのほな・いこかこと、女優のさとうほなみのペアと、俳優の白洲迅と、モデルで女優の堀田茜のペアの計2組の有名芸能人ペアが、“7日間のお試し結婚生活”する模様を公開する。

■寝室へと向かう白洲迅と堀田茜

新婚旅行で箱根を訪れている白洲と堀田は、就寝のため寝室へと向かう。

すると、そこには東村アキコからの「布団の上で向かいあい、両手をつないで、おたがいの好きなところを言いあってください」というミッションが届いている。ミッションのとおり、両手をつないで見つめあい、白洲から堀田の好きなところをあげていく。白洲は、堀田の好きなところとして、「ラーメン好き」「気をつかわせない」「ほどよくテンションが高い」「マイペース」の4点を挙げる。

一方、堀田は、「真面目」「嘘がつけない」「気をつかえる」「たまに出るうっかり」の4つを挙げる。

スタジオからは、堀田が、白洲の好きなところとして、「たまに出るうっかり」を挙げたことについて、「あら、いいんだ」「逆に、あの忘れっぽいのが、かわいくなっちゃうんだ」と話していた。

白洲は、その後のインタビューで「すごい照れた表情をしていたのが、かわいらしいなと思いました」と発言していた。

■「言ってたじゃん、欲しいって」

朝食を食べ終えた頃、東村からの白洲へ「滝の中心で、妻への愛を叫んでください」というミッションが与えられる。滝行には、個人的に興味があると話す白洲は、服を着替え、ためらうことなく、冷たい水のなかへと向かう。そして滝の下に行き、「白洲迅 堀田茜 私たち結婚しました!」とまさかのタイトルコールをする。その姿を見た堀田は、「大事な時に、本領発揮できるのは尊敬する、にしても、(叫んだのは)タイトルでしたね」と笑う。無事、滝行を終えて、心配する堀田の元へと戻った白洲は、「茜ちゃんのために、がんばりました」と、さわやかな笑顔で話していた。

滝行を終えたあと、ふたりの大好物である、ラーメンを食べに向かう。ラーメンを食べ終えた頃、白洲が、「渡したいものがあるんだよね」と、かばんから袋を出し「おみやげ」と堀田に渡す。中身は、風鈴と、堀田が食事中に欲しいと話していたはし置きで、「言ってたじゃん、欲しいって。(それを聞いて)あわてて買いました」と笑い混じりに伝える。ひとりの時間に堀田のためにおみやげを選んでいた白洲の、これまでのうっかり忘れん坊からのギャップに、スタジオでは「最高じゃん」「やるじゃん」「白洲、やりよったな」など、称賛の声があがっていた。

■「サプライズをしたことがあるか」

スタジオの話題は、白洲のサプライズの話から「サプライズをしたことがあるか」という話題になり、三浦翔平が、「(サプライズは)ちょいちょいしていますよ」と話すと、プライベートでも三浦夫婦と親交のある河北麻友子は、「(三浦は)サプライズ、好きですよね!」と告白する。それを受けて、三浦は「サプライズは好きですね、プレゼントも渡しますし」と回答する。

一方、千鳥のノブは、「サプライズは、失敗が怖いのよぉ〜」とトラウマがあるようで、高校の時に奥様と買い物にいき、奥様が、ずっと見ていたワンピースがあったそうで、後日、そのワンピースをひとりで買いにいき、誕生日プレゼントとして渡した。しかし、プレゼントした時の奥様の反応が悪く、その後もワンピースを着ることはなかったと言う。そのことについて、ノブが奥様に尋ねると、「実は、ワンピースをずっと見ていたのは、『こんな、ダサいワンピース、あるんだ』と思って」と返答があったと話し、「それ以降は、ノーサプライズ」と過去の失敗談を語った。