声優の関智一と畠中祐が出演する「声優と夜あそび 金」(毎週月〜金曜夜10:00-11:30、アニメLIVEチャンネル)、8月6日放送の #16では、畠中の不器用レベルを検証する「祐の“ぶきっちょ克服”チャレンジ」で、「生卵はや割りチャレンジ」「飛び散り厳禁!カレーうどんはやススリチャレンジ」などのコーナーを行った。

■「祐の“ぶきっちょ克服”チャレンジ」

「祐の“ぶきっちょ克服”チャレンジ」では、番組の和菓子作り体験や、家庭菜園体験などの企画で“ぶきっちょ”な面を見せてきた畠中が、どれほど不器用なのかを検証していった。「これ、本気でやりますよ」「いいんですね。バラエティ関係なく、まじめにやりますから!」と不器用イメージをくつがえすべく、意気込む畠中だったが、“ぶきっちょ”な面を露わにされていくことになる。

制限時間30秒で、きれいにカレーうどんを食べられるかを検証した「飛び散り厳禁!カレーうどんはやススリチャレンジ」では、口まわりにカレーをつけた、わんぱくな姿を見せたかと思えば、お米をあまらさないように、5個均等におにぎりをにぎる「全て均等に!おにぎりはや握りチャレンジ」では、のりを2枚巻いてしまう。

また、制限時間20秒で生卵5個をきれいに割る「生卵はや割りチャレンジ」では、からが入ったり、黄身が割れることはなかったものの、畠中は、白身が垂れて、机をベトベトにしてしまう。それを見た関は、「角で割ると、ここ(ボウル)に白身がついて垂れちゃうから、平らなところで割ってください」とアドバイスを送り、お手本を披露することになる。意気揚々と語っていた関だが、いざ割ってみると、机に白身が垂れ、黄身も割れるという、畠中以上に散々な結果となる。笑って、ごまかそうとする関に、今までイジられてきた畠中は、「ちょっと待って!」「なんなんすか!」「黄身、ぐちょぐちょなんだけど〜」と反撃する。これまで器用な姿を見せてきた関が、意外と“ぶきっちょ”な一面をかい間見せた。

■「最後のは、ちげ〜からな!」

その後も、制限時間10秒で、コップにきれいに牛乳を注ぐ「牛乳パックはや注ぎチャレンジ」や、シャンパンがなみなみに入ったグラスを、30秒で3段のシャンパンタワーにする「シャンパンタワーチャレンジ」など、畠中は、さまざまな検証に挑戦した。

最後の検証となる「一発で決めて!電流“糸通し”チャレンジ」では、手に低周波治療器を装着した状態で、針に糸を通すという、無謀なチャレンジに挑戦する。もはや、器用さとはかけ離れた検証に「ぶきっちょと関係あるんですか?」と疑いをかけつつ、全力で挑んだ畠中だったが、ピクピクと動いてしまう腕に苦戦する。さらに、糸に通そうとすると、低周波の威力を上げる関のイタズラにあい、「痛い痛い!」「今の何!?」と悶絶する。さすがに勝手に震える腕では、針に糸を通すことはできず、「やっぱ無理だって!」「自分でも、意図してないのに動く!」と投げ出し、失敗に終わる。

そうして、すべての検証で成功できなかった畠中は、「最後のは、ちげ〜からな!全人類ができないものだ!」「なんだんだこれ!」となげきながら、泣く泣くコーナーを締める結果となった。