新型コロナウイルスに感染し、療養していた松井玲奈が、8月11日に自身のYouTubeチャンネルを更新。自宅療養中に撮影したという動画を公開し、自身の思いを涙ながらに語る姿に大きな反響が寄せられている。

この日、「新型コロナウイルスに感染し感じた事【松井玲奈】」と題して動画にて、「自分が想像していたより遥かに大変」と感じたという自身の酷い症状を語った松井。

2、3日の間、発熱や喉の痛み、全身の倦怠感、鼻づまり、頭痛、関節の痛みからくる不眠に悩まされたという。

さらに、松井は「体がつらいだけでなくて、気持ちの方もすごくつらくて」と声を詰まらせ、「周りにいるスタッフさんだったりとか、ご一緒している共演者の方に、もしご迷惑が掛かるようなことがあったらどうしようという気持ちで、本当に不安でした」と涙ながらに吐露。

自責の念を明かした松井は、視聴者に対し「自分を守ることが、自分の大切な人たちを守ること」と繰り返し伝えていた。

■「人生の中では、一番苦しいぐらいの数日間」

「コロナウイルスは風邪よりももっとつらいもの」と語り、「私自身はそんなに大きな病気をしたことがないので、そういう人生の中では、一番苦しいぐらいの数日間を過ごしました」と明かした松井。

動画内では何度も声を詰まらせていたが、最後には「またお仕事が始まったら、楽しい動画の方もたくさん撮って皆さんと共有していきたいなと思うので、よろしくお願いします」とファンを安心させるような笑顔も覗かせていた。

この動画に視聴者からは「玲奈ちゃんお帰りなさい。回復して本当に良かった」「若い年代も無症状では済まない可能性があると気付かされました…」「玲奈ちゃんのおかげで自分の甘かった部分に気づけました。ありがとう!」など、さまざまなコメントが寄せられている。