8月11日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)に東京03とかが屋がゲスト出演し、加賀翔(かが屋)が涙を見せる場面があった。

東京03と、かが屋の2組はベテランと若手という差はあるものの、どちらも実力派のコント師。かが屋にとって東京03はリスペクトの対象で、加賀は中学生時代にテレビで東京03の活躍を見ながら「この人たちはもっといいステージにいかなきゃダメだ! こんなもんじゃない!」と思っていたとか。

東京03は全国規模の単独ライブで(トータル)3万000〜4万人を動員すると話し、賀屋壮也(かが屋)は「いろんな芸人さんの指針になり得るんで、月収を公開してほしい」と東京03に訴えかけ、若林正恭(オードリー)も「がんばればこうなれるんだって思うから、ホントお金公開してください!」と要求する。

飯塚悟志(東京03)は渋々ながら「ここ3年くらい、単独ライブでこんなにもらえるようになったんだっていうのは感じる」と告白。さらに「地道に劇場を大きくしていって、チケット代を徐々に上げていって。全国ツアーのギャラだけで、ほかをやらなくても1年食えるくらいはもらえたなって」と、収入の規模感を説明した。

東京03のサクセスぶりを聞いて「い〜ヤッ…!」と奇声を上げて自分のことのように喜びを爆発させたのは加賀。続けて加賀は「よっしゃ! よかった! 東京03が食えてる!」とあらためて叫んだ後、うれしさのあまり涙をこぼして笑い泣きの表情を見せていた。

また、トークの最中には飯塚が後輩のかが屋について「2人が普通にやりとりしてるだけで引き込まれるもん。雰囲気が人と違う。佇まいなのかな。かが屋は特別だと思う」と称賛する場面もあった。

放送終了後のネット上では「かが屋の熱量がすごすぎ」「東京03の3人もめっちゃうれしそうだった」「子どもの頃から憧れてた人と並んでテレビに出てるって、そりゃ感動するよね」といったコメントが寄せられていた。

次回の「あちこちオードリー」は8月18日(水)放送予定。