ブレーク必至のレースクイーンを発掘する「サンスポレースクイーンAWARD2021」の決勝進出者プレスイベントが8月11日、都内にて行われ、ファイナリストとなる14人が発表された。2021年で3回目の開催となる「サンスポレースクイーンAWARD2021」。2019年に川村那月が初代女王に輝き、2020年は相沢菜々子がグランプリを受賞した。

今回のイベントには、朝比奈果歩、谷美奈、星乃ゆんを除くファイナリスト11人が出席。ここでは、グラビアや女優の活動も行っている松本さらの決勝に懸ける意気込みなどを紹介する。

――決勝への意気込みと自身の作戦は?

私はスーパーGTの「GAINER」というチームに所属させていただいています。今年度、初めてレースクイーンをさせていただいたんですけども、松本さらをもっとたくさんの人に知ってもらえるよう、活動を広げていきたいと思っております。

サンスポレースクイーンAWARD決勝の作戦といたしましては、オンライン配信も撮影会も、どちらも全力で頑張っていきたいと思います。このコロナ禍でファンの皆さまと会えない日が続くんですけど、会えない方でもチェキやオンライン撮影会に参加して、グランプリを取ってファンの皆さまに恩返しできるように頑張りたいと思っています! よろしくお願いします。

――レースクイーンとしての目標は?

私は「GAINER」というチームなんですけども、前回の「ツインリンクもてぎ」の第4戦でも、ポールポジションを獲得するなど、とても強いチームに所属させていただいていると思います。レースクイーンの私も負けずに、切磋琢磨というか、レースクイーンとしてそのような素晴らしいチームに所属させていただいているので、「サンスポレースクイーンAWARD」を負けずに取りにいく気持ちで戦います!

――ファンへのメッセージをお願いします。

コロナ禍で会えないですけど、それでもたくさんの方がTwitterやInstagramで応援してくださったり、オンライン配信で応援してくださったりしているので、そのファンの皆さまに少しでも恩返しができるように、「サンスポレースクイーンAWARD」で絶対にグランプリを取って恩返ししたいと思っています。頑張ります!!

松本の他、決勝進出者は青山あいり、朝比奈果歩、黒澤恵里、佐々木萌香、佐藤ようか、谷美奈、広瀬晏夕、星乃ゆん、前田カナ、南沙羽、柳はる、山口ミカ、Reina+World。