8月19日(木)放送の「緊急取調室 第4シリーズ」(夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第5話に、小池徹平がメインゲストとして出演することが分かった。小池は、ロボットと並ぶ被疑者役を演じ、取り調べシーンでは孝行息子の“本性”を開放。天海祐希と繰り広げた白熱の取り調べ劇についてコメントした。

同ドラマは、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げるヒューマンサスペンス。

第5話では、都内の民家で一人暮らしをする老人・和代(夏樹陽子)が死亡し、その被疑者として自宅にあった見守りカメラ搭載のAIロボット「ハイリー」が浮上。前代未聞となるロボットの被疑者を相手取り、取り調べに着手するキントリの面々だが、やがて有希子は長野で生活する和代の息子で、ずいぶんと親孝行をしていた彰に疑いの目を注ぎ始める。

この“孝行息子”・村松彰を小池が演じる。ハイリーを開発したIT企業の経営者でもある彰は、至って冷静な言動を繰り返すにもかかわらず、取り調べではついに“抑え込んでいた本性”を開放。百戦錬磨の有希子ですら、とてつもなく感情を揺さぶられるバチバチの取り調べ劇を展開していく。

■物まね芸人JPの生・小池徹平物まねも! 撮影合間は超リラックス

「緊急取調室」といえば、取り調べシーンでの言葉の銃撃戦のみならず、撮影合間に天海ら出演者たちが繰り広げる“もうひとつの言葉の銃撃戦”も名物。小池も早速その洗礼を受け、「本当に普通の雑談をさせてもらって、居心地がよかったです」と、いい意味でリラックスしたと話す。

さらに、小池の撮影日には、同ドラマの公式YouTube動画で司会を務めている物まね芸人・JPも撮影スタジオを訪問していた。 JPといえば、10年以上にわたって小池の物まねをしており、小池自身も認知していた存在。その日は、初めて小池本人の目の前で物まねをやってのけたという。

■小池徹平(村松彰・役)コメント

人気シリーズに出演できて、本当にうれしく思います。今回演じる彰の第一印象は「かわいそうな人」。放送前の今は詳しく言えませんが、過去の家庭環境やトラウマがあるせいか、思い込みが強い部分もある人物だと思いました。そんな役柄も相まって、台本を読んでゾクゾクしました。

とにかく楽しみたい気持ちと、身が引き締まる思いでいっぱいで、とても緊張して現場に行ったのですが…キントリメンバーの皆さんの優しい空気に、とても安心感を得ました。本当に普通の雑談をさせてもらって、居心地がよかったです。

今回、取調室であまりせりふがなかった小日向(文世)さんがウキウキのご機嫌だったので、なんかかわいかったです(笑)。

あと、撮影でスタジオに行った日には、現場に物まね芸人のJPさんもいらっしゃったんです。JPさんは普段から好きで、いろいろ物まねを見させてもらっていたので、お会いできてうれしかったです。僕の物まねをやってくださっているのを知っていたので、生でやってもらえて不思議な気持ちになりました(笑)。これからも続けてほしいです。

取り調べのシーンでは独特の緊張感がありました。撮影前日、興奮してなかなか眠れなくて(笑)。でも実際取調室に入ると、不思議と楽しんでる自分がいるんです。感覚的には、映像作品なのに舞台でお芝居をしているような感覚に近い感じがありました。バチバチやれて本当に気持ちよかったです。

と同時に、天海さんは、これをほかのシーズンも含めて、ずっとやってこられたんだなと。すごいの一言です。天海さんはかっこよくて、チャーミングな方。本当に現場でも優しくてすてきな方でした。

■「緊急取調室」第5話(8月19日放送)あらすじ

有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に、被疑者は人間ではなく“ロボット”だという前代未聞の取り調べ要請が入った。

都内の民家で一人暮らしをする老人・和代(夏樹陽子)が頭蓋骨を骨折して息絶えているのを、様子をうかがいに来た隣家の主婦・マサエ(杉田かおる)が発見。そばにあった見守りカメラ搭載のAIコミュニケーションロボット「ハイリー」から、和代の頭部皮膚片が検出された。

本来は、高い場所に設置していたハイリーが偶然落下したと考えるのが普通だが、和代の傷は2カ所。そこで「ハイリーが故意に殺した」という説が出てきたのだった。

あまりにも荒唐無稽な説にあきれながらも、有希子たちは捜査を開始。長野に住んでいる和代の息子・彰(小池徹平)に疑いの目を向ける。

というのも、彰はマサエに様子を見に行くよう頼んだ張本人で、ハイリーを販売するIT企業の経営者。リモートでハイリーを操り、アリバイを証明するためにマサエを利用したという可能性も大いに考えられた。

しかし、彰は和代のために一軒家を購入し、生活費もすべて援助していた“孝行息子”。仮に彼がリモート殺人を敢行したのだとすれば、動機は一体何だったのか、そもそも、遠隔操作でハイリーを自由自在に動かすことは可能なのかなど、多くの謎が残る中、有希子らは史上初・ロボットの取り調べを開始する。だが、起動時のパスワードすら分からず、取り調べは早々に頓挫する。

そこで、有希子らはリモートで長野にいる彰と対面。ところが、同席した秘書・万里(黒川智花)により、事件当日のアリバイはすぐに立証されてしまう。しかも、彰は至って冷静。自社の信頼を守ることを優先し、ハイリー本体のロック解除方法も教えようとしない。