8月12日、黒木華、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、堤真一が都内某所にて開催された、舞台DISCOVER WORLD THEATRE vol.11「ウェンディ&ピーターパン」の取材会に登壇。お互いの印象や同作への意気込みなどについて語った。

今作でW主演かつ初共演となる黒木と中島。お互いの印象について聞かれると、中島は「黒木さんの持っている全ての要素が『ウェンディ&ピーターパン』のウェンディにぴったしだなと。『かわいくて静かな顔』というせりふがあるんですが、本当にそのままですし、それでいてどこか勇敢でたくましいところとか、お茶目なユーモアさだったりとか、全てがウェンディにヒットしているなと思います」と、黒木を絶賛。

黒木も「どんどんとっつきやすくなるというか、だんだん仲良くなれているなというのは稽古中にありました。あと、(中島は)すごく身体能力が高くて、ピーターパンの身軽さとかやんちゃさを兼ね備えているので、すごく合っているなと思って見ていました」とほほ笑んだ。

また、堤は中島を「見た目がやっぱりかっこいい」とベタ褒め。「こんなかっこいい子がいるんだなと思って、聞いたらHey! Say! JUMPって。でもセンターの子じゃないよな、こんなかっこいい子がセンターじゃないってどういうこと!? って(笑)」とユーモアたっぷりに語る堤に、中島も「堤さんにそう言っていただけるなんて光栄です!」と、恐縮しつつもうれし気だった。

以前、舞台「るつぼ」などでも共演している黒木については、「華ちゃんは前、ジョナサンの舞台で一緒で。今回は親子なんですけど、前は愛人っぽい、妖しい…」と言いかけると、黒木が「堤さんに手を出されて好きになっちゃうという役でした(笑)」といたずらっぽくつなぎ、「おかしいな(笑)。そんな話だった?」と堤が返す一幕もあった。

■中島裕翔「Hey! Say! JUMPの中にいると子ども扱いされることが多い」

ピーターパン役が決定した時の心情について、中島は「すごくびっくりしました。まさか誰もが知っているピーターパン役をやらせてもらえるなんて思っていなかったので」と話しつつ、「Hey! Say! JUMPの中にいると子ども扱いされることが多いので、そういった部分では合っているのかなと思うんですけど(笑)」と分析した。

また、以前も同作の演出家・ジョナサンと仕事をしていた黒木は「私はジョナサンと仕事をもう一度できるということをずっと楽しみにしていたんです」とにっこり。

「なので、こういった状況でも無事に幕を開けることができるのがすごくうれしいですし、稽古場が本当に楽しくて。本当にクリエイティブなんですよね。(中略)私はもう31歳なんですけど、子どもの無邪気さだったり想像力だったり、成長していく姿を1つ1つ逃さないように心がけていきたいと思っています」と意気込みを語った。

舞台「ウェンディ&ピーターパン」は、8月13日から9月5日(日)まで、東京・Bunkmamuraオーチャードホールにて上演。