森久保祥太郎が、「声優と夜あそび」とタッグを組んだ音楽番組「ザ・セッション from 声優と夜あそび」の #2が、7月30日に放送された。本放送では、畠中祐をゲストに迎え、音楽についてのフリートークに加え、森久保と畠中による、音楽セッションを披露した。

ゲストとして登場した畠中は、「声優と夜あそび」で金曜日のMCを務めており、いつもムチャぶりに答えたり、身体を張った姿を見せているが、この日は“アーティスト”として、森久保と音楽について熱く語れるということで、とても楽しみにしており、森久保のほうも、「話したいこと、いっぱいある」と、さっそく、ふたりの音楽トークがスタートする。

■おたがいの第一印象

まずふたりは、おたがいの“アーティスト”としての第一印象を語る。出会いは、2017年の「ORE!!SUMMER」ということで、森久保は「初めて“アーティスト・畠中祐”を見て、度肝を抜かれて」「歌もうまいし、ブレないし、踊りのパフォーマンスもすごいから“こんな子、出てきた!?”って」と、まだデビューして間もない畠中の堂々としたステージに衝撃を受けたことを明かす。

畠中も「(森久保さんの)シャウトとか、お客さんの巻き込み方とか、あんなパワーで一体感を出していくのが、衝撃的でした」「あんな迫力あるライブ、できるかなって思っちゃって」と話し、おたがいに強く印象に残った出会いであったことを語る。

続いて、畠中の音楽ルーツを深掘りすることになり、両親がミュージカル役者だという畠中は、「ずっとミュージカルソングを歌ってたんですよ。アニーだったり、レントだったり」と幼い頃から、ミュージカル音楽に触れていたことを語る。そんな両親の影響で、海外の音楽に幼い頃から多く触れてきたという畠中は、「向こうの楽しそうに歌ってる感じとか、フェイクも入れたりして自由に歌ってる感じにあこがれたのがスタートかな」と、音楽に楽しさを覚えたきっかけを明かした。

■次回ゲストは影山ヒロノブ

また、“自分の音楽的嗜好が目覚めた瞬間”について語ると、そこから、ふたりの音楽の深掘り方がまったく異なることが判明する。

小学校の頃に、テレビから流れてきたスティーヴィー・ワンダーの「Isn't She Lovely」にどっぷりハマったという畠中は、その曲の楽しみ方について「YouTubeとかで探したりすると、一般の人たちもカバーしてるんですよ。いろんなアレンジがあって、いろんな遊び方があって」「どういう人たちが歌ってるのかな。どういうアレンジがあるのかなって、探したりしちゃう」と、一曲を突き詰めていくスタイルであることを明かす。アーティストではなく、その一曲を深掘りしていくという、インターネットが普及していた、畠中の世代ならではの楽しみ方に、森久保は「そこが違うんだ〜」「この曲、いいなってなっても、(アーティストの)ほかにその曲の情報が、僕らの青春時代にはなかったから…」と世代間のギャップに驚く。アルバムを買ったりして、各アーティストの深掘りしてきたことを語り、「おもしろい!」「ぜんぜん聴き方違う!」と世代による違いを楽しんだようだ。

その後も、初めて音楽に感動を覚えた瞬間や、アーティスト活動でのこだわりなど、音楽論をたっぷりと語ったふたりは、畠中のセカンド・シングル「真夏BEAT」や、森久保作曲のロックミュージック「CHAIN REACTION」のセッションで、ダンスチューンを少しロック調にしたり、「CHAIN REACTION」に畠中のダンスパートを入れたりと、バックバンドのウルトラ寿司ふぁいやーによるアレンジが効いた「ザ・セッション from 声優と夜あそび」バージョンでのパフォーマンスを披露した。

また、次回、8月27日(金)の放送に、影山ヒロノブがゲスト出演することが発表された。