神尾楓珠が主演を務める映画「彼女が好きなものは」(2021年秋公開)の場面写真が公開された。同作は、ゲイであることを隠しながら生活する男子高校生・安藤純(神尾)とBL好きのクラスメートの女子高校生・三浦紗枝(山田杏奈)の恋愛を通じ、世間にはびこる“ふつう”という価値観とのギャップに向き合う男女の姿を描く。この度公開された場面写真は、神尾演じる主人公・純が紗枝と書店で出会うシーンなどの7枚。いずれの写真も、純が恋人や友人たちと過ごす日常を捉えたものとなっている。

■神尾楓珠と山田杏奈が“ふつう”という価値観に悩む高校生を好演!
ゲイであることを隠す主人公の男子高校生・純を演じる神尾は、映画「樹海村」(2021年)や「裏アカ」(2021年)など話題作への出演が続き、今注目を集めている若手俳優。同作では「異性を愛したい」「家庭を築きたい」となどといった世間で“ふつう”といわれる幸せを手にしたいと願いながらも、自分らしさとのはざまで葛藤する純を繊細に演じる。

一方、純のクラスメートでBL好きの女子高校生・三浦紗枝を演じる山田も、映画「ひらいて」(2021年10月22日金曜公開)で主演を務めるなど話題作への出演が相次ぐ。神尾とは映画「樹海村」に続く共演となり、同作では自分の好きなものを素直に好きだと言えない悩みを抱えながら、純と共に成長していく姿を好演する。

ほか、純の幼なじみの高岡亮平役として前田旺志郎、クラスのリーダー的存在の小野雄介役として三浦獠太、結婚をして家庭を持つ一方で、ゲイであることを隠しながら純と交際する佐々木誠役として今井翼が出演する。

■原作はWeb小説サイトから人気に火が付いた小説
原作は浅原ナオトの「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫刊)。Web小説サイト「カクヨム」で話題となり2018年2月に書籍化、また、2019年4月には「腐女子、うっかりゲイに告る。」(2019年、NHK)のタイトルでドラマ化され話題となった。

■映画「彼女が好きなものは」あらすじ
自分がゲイであることを隠して日々を過ごす高校生の安藤純(神尾楓珠)はある日、書店でクラスメートの三浦紗枝(山田杏奈)がBLマンガを購入しているところに遭遇。BL好きであることを秘密にしている紗枝は、このことを純に口止めをする。

しかし、この出来事をきっかけに二人は急接近。紗枝から告白された純は「自分も“ふつう”に女性と付き合い、“ふつう”の人生を歩めるのではないか」と望みをかけるかのように、紗枝の告白を受け入れ、二人は付き合うことにある。